講談社文芸文庫<br> マチウ書試論・転向論

個数:
電子版価格 ¥1,672
  • 電書あり

講談社文芸文庫
マチウ書試論・転向論

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月27日 03時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 374p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784061961012
  • Cコード C0195

内容説明

『芸術的抵抗と挫折』『抒情の論理』の初期2著からユダヤ教に対する原始キリスト教の憎悪のパトスと反逆の倫理を追求した出世作「マチウ書試論」、非転向神話をつき崩し“転向”概念の根源的変換のきっかけとなった秀作「転向論」、最初期の詩論「エリアンの手記と詩」など敗戦後社会通念への深甚な違和を出発点に飛翔した吉本降明初期代表的エッセイ13篇を収録。

目次

恋唄
エリアンの手記と詩
異神
マチウ書試論
西行小論
宗祇論
蕪村詩のイデオロギイ
鮎川信夫論
戦後詩人論
芥川龍之介の死
芸術的抵抗と挫折
転向論
戦後文学は何処へ行ったか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ころこ

39
『マチウ書試論』-ドストエフスキーのところまできて、色々調べてみました。すると、マチウとはマタイのことで、ジェジュとはイエス、ジャンとはヨハネのことだというじゃないですか。そこまで原始キリスト教の何かに関わる文書だと思って読んできましたが、迷宮は殆どスタートの位置と変わらないところに出口があった。だまされた~とも思いましたが、固定観念に囚われず、その聖典を曇りのない眼で読む批評的な態度を試されていると文意を理解することもできます。全く知らない者へこそ、優れた読書体験が贈与される不思議な文章です。2019/05/07

かふ

15
吉本隆明の初期評論集。「エリアンの手記と詩」はなんかセンチメンタルで恥ずかしくなるのだが吉本隆明も最初は青かった(初々しいとも)。「マチウ書試論」も「マタイ伝」をフランス語読みで書く理由が衒学的でよくわからない。ただフィクション性という「でっち上げ」の宗教論。第二章がドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』の「大審問官」でのイエスと悪魔の対話を論じ、イエスが取った立場の絶対的な信仰(神の秘跡を許さない、それは神を試すことになるから)とニーチェの『善悪の彼岸』(奴隷の宗教)との相対化。 2020/08/05

oz

9
再読。吉本はマチウ書は聖典と呼ぶには意識的(文学的)すぎると言う。事実福音書はユダヤ教に反逆する為に編まれた聖典で、同じ神を信じつつ相容れない二つの宗教の、アンビヴァレンスな結束点としてイエスは描かれる(当然、ユダはユダヤ教の暗喩である)。マチウ書の分析を通じて吉本は「思想」が生じる可能性があるとするならばそれは「関係の絶対性」の中であると結論付けた。そこは関係が変化すれば思想もまた変化する相対的な世界で、その世界に如何にして絶対性をもう一度呼びこむのかが文学の課題なのだ。2012/05/13

なっぢ@断捨離実行中

4
『マチウ書試論』以外は流し読みで読了。正直読むのしんどかった。高度成長期という情況下で書かれたものであることを差し引いても、これならロレンス『黙示録論』で間に合うだろう。大衆の生活と解離した前衛への批判も70年頃には有効性を失い、ファッション誌の紙面を飾る80年代にはすでに時代遅れの老害として嘲笑の的だったわけで、古き良き時代を懐かしむ以上のものではない。もっとも『前田敦子はキリストを~』なる愚書で保守反動気取りの現状追認は今も反復されてるので完全に古びているわけでもないが。……あ、詩人吉本は好きです。2017/01/09

左手爆弾

4
素人なりに色々なことについて一生懸命書いているのはわかる。が、なんというか、根本的に素人なのだ。キリスト教や共産主義の根本原理を「わかりたくない、わかってしまったら俺は在野の思想家じゃなくなる」みたいな匂いを感じる。そして浮かびあがってくるのは「関係の絶対性」すなわち「秩序」だというのだが、それは要するに単なる保守的・体制派の弁護以外の何ものなのだろうか。文学や芸術は結局のところ個人は権力に勝てないという問題にぶちあたる...とか、そんなことを今更読んで何が面白いのかわからない。2016/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/456034

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。