講談社文芸文庫<br> 〓肋集・半生記

電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり

講談社文芸文庫
〓肋集・半生記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 389p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784061960916
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

子守り男に背負われて見た、花の下での葬式の光景。保養先の鞆ノ津で、初めて海を見た瞬間の驚きと感動。福山中学卒業と、京都の画家橋本関雪への入門志願。早稲田大学中退前後の、文学修業と恋の懊悩。陸軍徴用の地マレー半島で知った苛酷な戦争の実態。明治三十一年福山に生れて、今九十二歳の円熟の作家が心込めて綴った若き日々・故郷肉親への回想の記。

目次

〓肋集
半生記
南航大概記(昭南日記;旅館・兵舎;犠牲;戦死・戦病死;疎開記;疎開日記)
早稲田界隈(牛込鶴巻町;坪内逍遙先生;早稲田界隈)
人と作品
年譜
著書目録

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

0
井伏鱒二おもしろいなあ。蘭印とか身近に感じる描写があった。2017/08/06

悸村成一

0
記録性。282015/02/11

euthanasia

0
「南航大概記」には個性的な人物が大勢出てくるが、中でも大門=黒という人物のキャラクターは凄くて、「地獄の黙示録」のカーツ大佐を彷彿とさせて仕方がなかった2013/11/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/167976

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。