講談社文庫<br> 反逆〈上〉

個数:
電子版価格 ¥671
  • 電書あり

講談社文庫
反逆〈上〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月20日 06時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 355p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784061850538
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

1度でもいい。上さまの……あの顔に……怯えの影を見たい――己れの力に寸分の疑いをもたぬ信長の自信、神をも畏れぬ信長への憎しみ、恐れ、コンプレックス、嫉妬、そして強い執着……村重、光秀、秀吉の心に揺らめく反逆の光を、克明に追う。強き者に翻弄される弱き者たちの論理と心理を描ききった歴史大作。

「裏切り」
主人を選ぶ
寄らば大樹か
男の嫉妬
かなわぬ恋
はじめての動揺
予感
あれか、これか
男の意地とは
俗世の試錬
讒言のなかで
窮鼠の心境
反逆
裏切り
昨日の友は今日の敵
小笹丸城
袋小路
内部の崩壊

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キムトモ

104
〜来春大河ドラマ対策強化月間〜上巻は良い具合で光秀が登場し魔王信長に対する念が描写され流石です。遠藤御大🙌村重がもう少し耐えてれば…中国大返しも違ったものになり光秀の反乱の結果も違ったものになっただろうにね…下巻はいよいよ光秀が動く…(ノ-_-)ノ~┻━┻当分いろんな方の光秀を堪能します✌️2019/10/10

とん大西

103
久々に骨身に沁みる歴史小説でした。面白いです。骨太です。武将・荒木村重の物語。人は裏切る-自らも主筋を追い落とし、摂津領主に成上がった村重。その後、信長に従属するも、信長の苛烈さ冷酷さに恐怖を抱き精神的に追詰められていく。疑心暗鬼、強迫観念-ついに信長を裏切る村重。しかし、彼は信頼する重臣達にも裏切られる。反逆の連鎖、更に追詰められる村重。弱さ故、欲望故-人は裏切る。村重、光秀、秀吉らに宿っていた逆心。裏切り、裏切られたのは村重。悩み、悲しみ、怒り、佇む。乱世に翻弄される男の悲哀が…。痛ましい程の傑作。2018/07/17

chantal(シャンタール)

87
光秀の話を読むつもりが上巻は荒木村重の話だった😅信長や秀吉の話を読んでいると割とさらっと流される荒木の謀反の話。信長に加勢する事で摂津を治める事ができ、しかし心底信長に従う事が出来ない苦しさが切々と語られる。ここでの信長、かなり極悪非道の人物に語られ、ちょっと遠藤さん、それはないだろうと思ってしまう😅荒木を諫めに行った黒田官兵衛がそのまま捕らえられ幽閉される件は「司馬遼太郎の播磨灘物語を読め」との文章に思わず笑う。私は吉川英治の「黒田如水」で読んだけど。戦国武将の生きる辛さに私の心も辛いよ。下巻へ!2021/04/03

takaC

57
某大河ドラマで田中哲司が村重を演じてたのが強く印象に残っていてバイアス掛かったが面白かった。2019/05/20

Book & Travel

52
『沈黙』を読んで、極限での人間の弱さの描き方に唸らされた遠藤作品。信長を裏切り、一族郎党を皆殺しにされながらも逃げ続けた荒木村重がどう描かれるか興味があった。非情に徹しきれない弱さから、謀反を起こさざるを得ない状況に追い込まれていく村重。潔癖で崇高な決断をしたように見えながら、自信の弱さから恥ずべき立場に陥る高山右近。彼らの苦悩する姿が丹念に描かれ、等身大に感じられる。今と違い、決断を一つ誤れば自分ばかりか家族や家臣一堂が悲惨な目に遭うような世にあって、自分ならどんな決断ができるだろうかと考えさせられた。2016/12/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/546191

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。