講談社青い鳥文庫<br> パスワード菩薩崎決戦―パソコン通信探偵団事件ノート〈16〉

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

講談社青い鳥文庫
パスワード菩薩崎決戦―パソコン通信探偵団事件ノート〈16〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年07月06日 05時46分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 341p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061486799
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

内容説明

野原たまみの主演ドラマのストーリー作りをたのまれたマコトたち5人。めいめいが自分の得意分野をいかしてストーリーを作るが、採用されるのはだれ?そんなとき、たまみちゃんに血だるま女王から脅迫状がとどいた。飛鳥が犯人さがしにのりだす。いっぽう、街では、うとうと団によって郵便ポストが黒塗りされるという怪事件が発生。ふたつの事件をむすぶ糸は、はたしてあるのか、ないのか…?小学上級から。

著者等紹介

松原秀行[マツバラヒデユキ]
1949年、神奈川県に生まれる。早稲田大学文学部卒業後、フリーライターに。さまざまなジャンルで執筆する一方で、児童文学を書きつづける
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

たまみに脅迫状が届いた。街では、うとうと団の怪事件が。推理を開始した電子探偵団だが、事件は思わぬ方向へ。二つの事件に関連が?血だるま女王?うとうと団?強敵出現に、電子探偵団大ピンチ!!

野原たまみから、主演ドラマのストーリー作りをたのまれたマコトたち電子探偵団の5人。それぞれが自分の得意分野をいかして個性的なストーリーを作るが、採用されるのはだれの作品なのか? そんなとき、たまみに「血だるま女王」から脅迫状が届いた。飛鳥が犯人さがしにのりだす。一方、街では、「うとうと団」によって郵便ポストが黒塗りされるという怪事件が発生。ふたつの事件には関連があるのか!?

SCENE1=はじめに「少女探偵」が独白する。
SCENE2=ネロ、謎の集団について推理をめぐらす。
SCENE3=電子探偵団、「かっとび事件簿」に挑戦する。
SCENE4=ベーカー街になかなか到着できない四人の探偵たち。
SCENE5=ここで正体不明の人物が、意味不明のつぶやきをもらす。
SCENE6=電子探偵団、テレビドラマ出演が決定する。
SCENE7=カネゴンとゴージャスとノハラ、「脅迫状」にふるえあがる。
SCENE8=そして全員が菩薩崎に集結、決戦の幕が切って落とされる。
SCENE9=おしまいに「少女探偵」がふたたび独白する。
あとがき


松原 秀行[マツバラ ヒデユキ]
著・文・その他

梶山 直美[カジヤマ ナオミ]
著・文・その他