ブルーバックス<br> 原因をさぐる統計学―共分散構造分析入門

個数:

ブルーバックス
原因をさぐる統計学―共分散構造分析入門

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年02月23日 20時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 252,/高さ 18X12cm
  • 商品コード 9784061329263
  • NDC分類 417
  • Cコード C0241

内容説明

防御率や打率、本塁打数などはチームの勝率を決める要因だが、これらは入り組んだ関係にあり、どれが勝率のアップにつながる真の原因となるかを見分けるのは容易ではない。複雑な関係を分析して、もし勝率を予測するスッキリした因果関係を探り出せれば、チーム関係者は勝つための適切な方策をたてることができる。このように、原因と結果が複雑に入り組んだ現象を解析するのが、共分散構造分析と呼ばれる新しい統計的手法である。豊富な事例を使いながら、この新手法を平易に解説する。

目次

第1章 因果推論を始める―因果関係と相関関係
第2章 因果推論を育てる―回帰モデルの話
第3章 因果推論を発展させる―潜在変数の導入
第4章 因果の連鎖をさがす―因果モデルを構成する
第5章 因果システムを鍛える―モデルの評価
第6章 因果システムを読む