学研M文庫
エヴァ・ブラウンの日記―ヒトラーとの8年の記録

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 239p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784059011163
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0122

内容説明

エヴァが書き残した8年にわたる日記。そこには、恋人ヒトラーの隠された性的嗜好やコンプレックス、党幹部とその妻たちのスキャンダラスな私生活から、ナチス政策決定の舞台裏まで多岐にわたり記されていた。また、自身の妊娠、出産場所探しについても注意深く書き留められている。内容の真偽や発見された状況、託された人物の素性も含め、日記そのものの信憑性にも言及した詳細な解説付き。独裁者の素顔を知る、待望の日本初訳。

目次

第1部 著者による解説(捏造疑惑否定の根拠;エヴァの決断;ヒトラーを取り巻いた女性たち;日記の信頼性)
第2部 エヴァ・ブラウンの日記

著者等紹介

バートレット,アラン・F.[バートレット,アランF.][Bartlett,Alan F.]
企業家として豊富な経験を生かして、欧米の名門大学やビジネススクールで教鞭をとる学者兼作家。経営に携わった企業は機械産業、航空産業、エレクトロニクス産業、金融業、放送界など幅広い。また、ノンフィクション作家としても活躍

深井照一[フカイテルイチ]
1952年、埼玉県に生まれる。フレミンガム州立大学(マサチューセッツ州)中退。外資系証券会社を経て、翻訳業に
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ヒトラーの愛人エヴァ・ブランン。生前彼女と親しかった映画監督に託された日記には、ヒトラー、ヒムラー、ゲッペルズをはじめとしたナチ高官の動向が、鋭い観察眼で描かれていた。もっとも身近な人間から見た、ヒトラーの真実。日本初訳。本初訳。