学研M文庫
戦史ドキュメント 厳島の戦い

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 309p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784059010340
  • NDC分類 210.47
  • Cコード C0121

内容説明

毛利元就を中国地方の雄に飛躍させた戦いが、厳島の戦いだった。名族の誉れ高かった大内義隆を自刃に追い込んだ陶晴賢に対し、元就は独自の判断で戦略行動を開始。熟慮し、工作し、戦備し、この一戦に命運を賭けたのであった。実証歴史作家と自負する筆者が、古記録にもとづき、何回も現地に足を運んで検証した、「正史」厳島の戦いのすべて。

目次

第1章 弑逆
第2章 厳島の前哨戦
第3章 謀略
第4章 囮と罠
第5章 三島村上水軍
第6章 奇襲厳島合戦
第7章 防長経略

著者等紹介

森本繁[モリモトシゲル]
1926年、愛媛県に生まれる。九州大学法学部卒業。高校教師を経て、文筆活動に入る。実証歴史作家。第2回歴史群像大賞受賞。主な著書に『村上水郡のすべて』『毛利元就』『真説太閤記』『揚羽蝶の飛翔』など多数ある。近年は、『徳川三代99の謎』『歴史紀行忠臣蔵を歩く』など、NHK大河ドラマの舞台を歩く歴史紀行本で人気を集める
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

中国地方の雄・大内義隆は、その文弱ぶりゆえ武術派家臣・陶晴賢の反逆を生んだ。大内支配下の小大名として雌伏していた安芸の毛利元就は、主君殺しを討つ、の大義名分を得て、陶との決戦を決意。虚々実々の駆け引きの後、ついに二人は聖地・厳島で激突する。