すべての子どもが必ずできる体育の基本―走る・泳ぐ・投げる・回る・跳ぶ…

個数:
  • ポイントキャンペーン

すべての子どもが必ずできる体育の基本―走る・泳ぐ・投げる・回る・跳ぶ…

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月10日 04時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 160p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784054045316
  • NDC分類 780.7
  • Cコード C2075

内容説明

子どもの視点に立ったアドバイス。運動のチェックポイントがわかる。必ずできるようになる正しい体育の学び方・教え方。

目次

速く走る―短距離走
長く走る―長距離走
高く跳ぶ―走り高跳び
遠くへ跳ぶ―走り幅跳び
前や後ろへ回る―前回り
前や後ろへ回る―後ろ回り
逆立ちになる(壁逆立ち;側方倒立回転)
鉄棒に上がる―逆上がり
鉄棒を回る―ひざかけ後ろ回り
跳び箱を跳ぶ―開脚跳び〔ほか〕

著者等紹介

高橋健夫[タカハシタケオ]
日本体育大学大学院教授。1943年生まれ。東京教育大学大学院教育学研究科修了。博士(体育科学)。筑波大学教授、同大学体育専門学群長、2005年同大学副学長を経て、07年より現職(研究科長)。専門は体育科教育学。日本スポーツ教育学会会長、日本体育科教育学会会長などを歴任

松本格之祐[マツモトカクノスケ]
桐蔭横浜大学教授。1952年生まれ。東京教育大学体育学部卒業。1975年より東京教育大学(現筑波大学)附属小学校に29年間勤務。その間、NHK教育番組「はりきって体育」番組協力委員、雑誌「学校体育」編集委員を務め、小学校に勤務しながら2002年筑波大学大学院体育研究科修了。04年よりびわこ成蹊スポーツ大学助教授、同大学教授を経て、08年より現職。専門は体育科教育法

尾縣貢[オガタミツギ]
筑波大学教授。1959年生まれ。筑波大学大学院体育学研究科修了。博士(体育科学)。奈良教育大学助教授、筑波大学准教授を経て、2009年より現職。専門は陸上コーチング学。日本陸上競技学会副理事長、日本陸上競技連盟強化統括ディレクター、日本学生陸上競技連合強化委員長。文部科学省高等学校学習指導要領作成協力者、また09年東アジア競技大会陸上競技監督などを歴任

高木英樹[タカギヒデキ]
筑波大学准教授。1962年生まれ。筑波大学大学院体育学研究科修了。博士(工学)。三重大学助教授、筑波大学講師を経て、2003年より現職。専門はスポーツバイオメカニクス、スポーツ工学。国際スポーツバイオメカニクス学会会員、日本水泳・水中運動学会諮問委員。日本水泳連盟医科学委員会委員として、水泳競技の競技力向上に関する研究に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。