早雲立志伝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 501p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048741576
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

時は文明八年(一四七六)八月。京から駿河に向け馬を駆る、天翔る虎雲のごとき若武者がいた。その人こそ、若き日の北条早雲―伊勢新九郎盛時。弱冠二十一歳での駿河下向から、禅寺での修行、幕府申次衆への就任と政争、伊豆討伐、関東管領との戦い、そして小田原城の奪取まで―。細川政元との漢同士の絆や、弟・甥に対する深い愛に満ちた若き日々を、まったく独自の解釈でえがいた、怒涛の傑作歴史長編。

著者等紹介

海道龍一朗[カイトウリュウイチロウ]
1959年生まれ。2003年に『真剣』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。