角川文庫<br> 遅れてきたランナー

電子版価格 ¥440
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
遅れてきたランナー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 195p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043520046
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

四十九歳にして「ランニング一年生」となった著者。最初は友人にすすめられて仕方なく走る「義理走り」だったが、次第にその魅力にのめりこみ、ついにはマラソン完走という快挙をなしとげる。走ることによって、より深く自然を感じ、より多くの世界を知ることができる。ランニングは苦しいものだと信じている人たちにこそ読んでほしい、ユニークなエッセイ。

目次

1 走る
2 淡路島座談(灰谷健次郎;高石ともや;山西哲郎)
3 わが「食学」考
4 「住」と自然を語る
5 沖縄・渡嘉敷島へ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

猪子恭治

3
私も30近くなってから走り始めました。苦しくない走りは、天国に近いのかも。2002/06/26

randa

2
今度こそランニングを習慣にさせるぞと、決意の再読。著者の心と身体の対話のやり取りが、性格がにじみ出ていて面白い。2017/08/11

ゆずは

1
今まで長距離を走るにあたって、自然との対話や自分との対話なんて風に考えたことがなかった。人との競争。自分との競争。冬の長距離走の季節が来るのが本当に苦痛だった。もしこんな風に、ゆっくり楽しみながら走る方法を学校で教わっていたなら、走ることを楽しめるようになっていたかもしれないなと思った。ただ、私の小学校でやっていたように、トラックを何年生はトラックを何週走るなんてやり方だったら、ゆっくり走っても自然との対話も何もないんだけどね。2014/01/12

marimo

1
走ることについて初めて考えた本。走ることが少し身近になった本。

skm

0
ふとしたきっかけから手に取って読んでみた本。走り出したくなって、ジョギングシューズを購入してしまった。雪が溶けたら走ってみよう。2014/12/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/385334

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。