角川文庫
医者が末期がん患者になってわかったこと―ある脳外科医が脳腫瘍と闘った凄絶な日々

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 275p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043479016
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

出版社内容情報

死の恐怖、激痛、手術・検査・治療の実態、妻の愛、幼い一人娘への想い――病魔に冒された脳外科医が日記とテープで赤裸々に綴った執念の同時進行ドキュメント。マスコミ激賞のベストセラー作品待望の文庫化!

内容説明

書き残すことが、わたしの医師としての最後のつとめです―。50歳。わが国屈指の脳外科医が、ある日突然病魔に冒された。病名は悪性脳腫瘍。医師として携わってきた専門分野だ。彼は即座に理解した。もう、助かる見込みがないということを…。死への恐怖、激痛、手術・検査・治療の実態、妻の愛、幼い一人娘への想いを、赤裸々に日記とテープで綴った執念の同時進行ドキュメント。

目次

第1章 脳外科医が脳腫瘍になったとき
第2章 脳外科医への階段
第3章 逡巡の日々
第4章 患者になって初めてわかったこと
第5章 運命の日
第6章 回復
第7章 再発
第8章 最後の挑戦

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ta-na

2
医療って、その道のプロが自分の専門を「実体験」することができない奇妙な分野であることに気付いた。それでもここまで発達してきたのだからすごいと思う。最後に臓器提供も行ったとあったが、そういった意味だけでなく、この先生は後世に行き続けていくのだと思う。私だったら、不治の病に侵されてもなお、世のため人のためになりたいと思えるのだろうか…。2008/11/18

三平

1
ほぼ確実に駄目なのが分かりつつって言う恐ろしさは想像以上だろう。読後思ったのは近藤先生の考えも有りなんだろうなって事。賛否は承知してますけど・・・2015/02/19

大澤 純

1
久しぶりに再読。前に読んだときはハードカバー版で、岩田さんが亡くなられた直後くらいだったような記憶がある。末期医療や臓器移植に関して、あのころからどのくいらい進展したのだろうか。ものすごく良い一冊。2013/02/22

mukky

0
脳外科医の岩田隆信先生が悪性脳腫瘍に侵され、専門医ゆえにこの病気の恐ろしさと予後の悪い現実を知りながら(覚悟しながら)闘っている姿に尊敬の念を抱く。とても強く誠実な方。不治の病がなくなる日が来ますように。。。

chie

0
☆☆☆☆

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/69446

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。