角川文庫<br> 家族の標本

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
家族の標本

  • 柳美里
  • 価格 ¥523(本体¥476)
  • 角川書店(1998/04発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 8pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月21日 14時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 227p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043437023
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

家族ってなんだろう。社会の最小単位、万人のルーツでもある家族という名の病とぶつかり合い。それでも、今そこにある人々の心。淡々とした語りかけが深い共感を呼ぶ、芥川賞作家によるエッセイ集。家族ってなんだろう。社会の最小単位、万人のルーツでもある家族という名の病とぶつかり合い。それでも、今そこにある人々の心。淡々とした語りかけが深い共感を呼ぶ、芥川賞作家によるエッセイ集。

柳 美里[ユウ ミリ]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

寛生

26
【図書館の本】この本はフィクションなのかノンフィクションなのかと何度も読んでいる最中に思っては、「プロローグ」に書いてあるだろうと最初のページをめくってみたが、そんなものは見つからなかった。その答えは最後になってようやくわかったのであるが。そして、最後の方になって、「私」という主格がナラティブに出始めて僕は何とも不思議な気持ちにさえなった。2013/10/25

BB

6
柳美里ハマり時代に

御前田あなた

5
柳美里にとって「家族」という似非共同体ほどイタイものはなかったのだろう。作家とは文章をつむぐことでみずからのアイデンティティを編成=変成していくひとのことだ、だから彼女も家族を蒐集し、家族を編みあげることで彼女自身のあらたな作家主体へと切断=生成していこうとしたに違いない。成否はともかくとして2009/07/14

hanaoka

4
決して普通の家族ではない・・・からこそ本になるのかもしれないが、71話もよく集めたもんだなぁ・・・と感心します。でも、昆虫の標本作成と一緒で、珍しくもない普通のものでも、並べる、注釈を与える人間によってその素材はいかようにも変化するのかもしれない・・・と考えると、素材以上に、独特で少し風変りともいえるような事実の捉え方をする作者の感性が、71の家族の物語を異様に感じさせているだけなのかもしれない。2010/07/21

mocchan

4
どこまで実話か分からないけど、よくここまで不幸な家族ネタが集まったもんだと感心します。決して悪い意味でなく…。2008/12/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/530245

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。