角川文庫<br> されど君は微笑む

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
されど君は微笑む

  • 北方 謙三【著】
  • 価格 ¥607(本体¥552)
  • 角川書店(2004/02発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 10pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月22日 03時04分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 325p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041612248
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

幾つもの死を見過ぎた眼、いつまでも心を衝く哀しい笑顔。川中良一の最初の印象だ。川中は街にトラブルを運んでやってきた。N市で“ブラディ・ドール”という酒場を経営する川中は、ホテル・キーラーゴの社長の娘・秋山安見を探しに来たのだった。安見はプロの殺し屋に狙われていた…。他人の人生の暗いところに首を突っこみ、塩辛い思いをしてばかりいる“ソルティ”と、川中は抗争の渦中に飛び込む!!虚飾の街に“ブラディ・ドール”の男たちが集う。北方謙三ハードボイルドの集大成、大長編。

著者等紹介

北方謙三[キタカタケンゾウ]
1947年佐賀県唐津市生まれ。中大法学部卒。81年『弔鐘はるかなり』でデビュー。83年『眠りなき夜』で吉川英治文学賞、日本冒険小説協会大賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Tomohiro

4
川中と坂井の圧倒的な存在感!街シリーズを読み始めたときに若月と川中を比較してしまったのがそもそも間違いだった。。。 ブラドは終盤登場人物が超人化し思想も宗教的になってしまったが、その反省から街シリーズでは少し人間的な人物を描こうとしていたのかもしれない。しかしあまりにも中途半端なチンピラにし過ぎて不評で、超人川中を登場させたのかもしれない。むしろ今までの物語は川中を際立たせるための前振りにも思えて、、、 とにかく川中と坂井の圧倒的な存在感を楽しむことができた。2018/06/14

TakeROC

3
随分と元気であることが分かるも、痩せてしまっている義父からのいただき本。必要性に大きな疑問はあるが、こうなってしまった以上、北方先生に任せるしかないわけですが、内輪の整理が精一杯で誰と戦っているのかが分かりづらい。結果として、誰にも得のない不毛な争いと言い切って良いように感じている。とにかく、頭が良くて、強すぎて、運まで味方するから負けようがないし、卑屈な人間はどこまでも卑屈だし、今回は救いも無いから辛い。誰からも守られる女は、その資格はあると思うけど、それが背骨だとノレない。次作に期待するしかない。2018/10/02

琵音

3
ブラディドールシリーズと結合。川中は変わりませんが、坂井は「若いの」扱いからは脱出した感じ。いつの間に、だれが坂井をここまで鍛えたのか?そして、このシリーズの影の主人公はやっぱり姫島の爺さんですね。ブラディドールシリーズから読んできて、この本でやっと普通の根性なしの男が出てきた気がします。子供の頃から父親の秋山は勿論、川中・藤木・坂井他に囲まれて育った安見に男を見る目がないのは仕方ないかも。情けない男を知らないで育ったんだから。2012/12/28

風鈴

2
毎作品進行役が変わり一人称で描かれて行くシリーズだが、本作はこのシリーズの始まりを受け持ったソルティこと若月の視点で物語が進んで行く。 そして、そして遂に本作で「ブラディドールシリーズ」と「約束の街」シリーズが融合して行くと言う北方ファンには大興奮の作品になっている。 数年ぶりに描かれる、川中、坂井に一気に引き込まれて読んでしまった。 ハードボイルドとしては、すごく静なブラディドールシリーズ、動な街シリーズ、登場人物の関係性を楽しみながら再読完了!2018/05/20

まろ

2
ほかのシリーズとのドッキングってえのは、なんとも言えず良いねぇ。やっぱ、約束シリーズは2軍だったのかww。それにしても、なんの関係もない友達を死なせて、葛藤がなさすぎだ。馬鹿なの?あの二人。2012/06/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/542685

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。