角川文庫<br> 朝日殺人事件

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
朝日殺人事件

  • 内田 康夫【著】
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • 角川書店(1996/09発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月23日 19時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 371p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041607374
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

都内の一流ホテルで、不動産ブローカーを営む男が殺された。だが、現場に手がかりはなく、はやくも捜査は難航していた。ニュースで事件を知った浅見光彦は母・雪江に相談を持ちかけられる。旅行帰りに被害者を目撃したらしいのだ。その際に、男は携帯電話で「アサヒのことはよろしく」と大声で頼んでいたという。「アサヒ」とは何か!?浅見は事件解決のために、死者が遺したメッセージの真相を追うのだが…。名古屋、北陸、そして東北へ―。名探偵浅見光彦の推理が冴える長編旅情ミステリー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

sora

28
事の発端が母親っていうのが新鮮。それに3つの朝日を追って、旅をするのも。「あっ、ここ、行ったことがある。」「いってみたい。」なんて思いながら読めるのが楽しい。浅見光彦は名ガイドです。もちろん、事件解決までの道のりも楽しいけれど。2015/06/20

Kiyoshi Utsugi

4
山形県の朝日村、新潟県の朝日村(朝日スーパー林道が、この二つの朝日村を結ぶもので、かなり前にオフロードバイクで走ったことがあります。)等を舞台にしています。 長野県にある善光寺からの帰りに浅見光彦の母親である雪江がグリーン車の同じ車両に乗り合わせた不動産ブローカーの島田清二が目黒の「四季」というホテルで何者かに殺されます。 グリーン車で雪江の聞いた「アサヒのことはよろしく」という言葉が、浅見光彦が推理を進める上での重要なヒントになります。 面白かったので、やはりいつものように一気読みとなりました。2019/05/27

しんた

4
偶然が多すぎて嘘くさい。動機も手抜き。全般的に女性が活躍。暗躍する深雪が独身浅見と渡り合うシーンは見もの。2014/12/06

たなかりょーた

2
「う」内田康夫 やたらと動き回る主人公です。 まじめに推理しているのだが、なんとなく楽しそうに思える不思議な読了感な作品でした。著者本人が書くあとがきにのよると旅小説なる評価を受けている作者みたいです。 納得いく捜査描写でした。 取材と言う仕事で各地を旅できるのは羨ましいが「仕事」で行く旅はどうなんだろうか。 なんにせよ、この作者のミステリではない作品を読んでみたいと思うほど主人公が各地を回る描写は魅力的に感じました。2018/01/17

とんぼめがね

2
ストーリーについては若干無理があるとは思いつつ、いつも通り見事に推理していく。ただ、全体的に雑な文章だと感じるし、特に酷いのは冒頭部分の支離滅裂な文章。あえてこういったことを書いているのか?自分には理解出来なかった。 今迄読んだことのある浅見シリーズでは一番出来が悪く感じてしまった。2017/06/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/525388

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。