角川文庫<br> 紫色の場所

電子版価格 ¥418
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
紫色の場所

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 189p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041579091
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

このささやかな成功がいつまでも続いて欲しい。自分だけがいつも他人からちやほやされ、一流の仕事を山のように持っていたい―。不安と野心が交錯する売れっ子スタイリスト・見村ヒロミは初めて体験した「浄霊」に興味をもち、除々に新興宗教「久慈尊光教」に深入りしていく。心の平安、生活の安泰を求める現代の著者にとって、神の役割りはなにか。「宗教」と現代人の心の接点を細やかに描き、新境地を切り開いた傑作長編小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ともちゅん

5
思っていたより面白くて、一気に読んでしまいました。宗教の内部って、知りようがないから…古さは特に感じませんでした。2014/05/18

franc

3
ラストのオチが林真理子らしい。そして、主人公の考えにどちらかといえば近い私はホッとしたのも事実。思考回路が分からない人は、好きになれないものだが、ある種の説得力があったので、自分とのズレも楽しめた。2013/06/06

noripon

2
80年代、林真理子が30歳頃に書かれた作品。アパレル業界のスタイリストが憧れの職業的に書かれてるのが時代を感じました。軽~く読める作品。2020/08/30

せしる

1
新興宗教を流行として取り入れる女主人公の話。林真理子さんがこんな作品を書かれていたとは知りませんでした。30代に書かれたもの?その頃と言っていることがかわらないある意味、健全な野心を持ちつづけている人だと思いました。図書館でかりましたかわ、後書きの中沢新一さんの解説が時代を感じさせます。2020/11/23

あろぴ

1
まったくおもしろくなかったなー。 これって、業種変えてお話にした、はやしまりこさんの話?っておもっちゃいました。売れっ子じゃなくても世の中、「自分さえ」の人も、「人に幸福分けたくない」人も、小さな社会や子供たちの学校の中ですら居る。宗教どうのってより、人間の心理物語って感じだった。2020/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/513180

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。