角川ホラー文庫<br> 長い夜 (改版)

角川ホラー文庫
長い夜 (改版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 332p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041497784
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

一家心中を決意した白浜親子の前に現れた一人の男。その男は、事業に失敗した借金の肩代りを条件に彼らにある仕事を依頼したのだ。それは、男の娘夫婦が暮らしていた家に住み、娘と孫の死の真相を探ってほしいということだった。“どうせ死ぬなら、やってみようよ”一人娘・仁美の言葉に父・省一、母・千代子、そして幼馴染みでボーイフレンドの武彦はその家へ引越していった。―が、その夜、仁美と武彦は手に武器を持つ人々の姿を見てしまう。いったいこの街に何が起ったのか。殺された母子の謎を追ううちに仁美達は恐しい事実を知ってしまう…。ホラーサスペンスの秀作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

キクチカ いいわけなんぞ、ござんせん

21
思い出したっ。赤川次郎氏のホラーはキング氏をさっぱりさせたような感じで、怖いけどすぐ解決ー♪みたいな作品が多い。 「夜」を再読したかったが見つからず代わりに探し出して読んだ作品。若い頃はこのサッパリホラーが大好きで、何冊も読んだものだったなあ(遠い目)いつかみっちりつまった作品の方へ好みが流れてしまった。分厚い方がお得感があるからかなあ。この作品は一家心中しようとしている家族が事件に巻き込まれて行くもの。設定が魅力的。でもさっぱり爽やか。2016/04/13

Yu。

20
そこには一体何が隠されていたのか。。とある町にある曰く付き物件に一定期間住む事‥そして無事に生き残れたら負債の帳消し&再出発が約束されるという謎の依頼主からの天国と地獄の誘いに乗った崖っぷち一家がたどり着く運命は如何に。。一家、追跡者、依頼主側それぞれのストーリーが交差する事でその家の、いやその町全体を覆う大惨事の真相が明かされていくのだが、ホントの謎は闇の中(๑¯ω¯๑)2018/02/15

ヒロくま

17
赤川次郎先生の本は久しぶり!中学、高校と学生の時分には、随分と楽しませて頂きました。友達に借りたり図書室で借りたり少ないお小遣いでシリーズ物の新刊を買いに行ったのが懐かしい思い出です。さて、本書はある家族が直面したホラーな物語でした。読みやすく読み手に優しい感じは、そのままで嬉しかった。懐かしついでに何か再読しようかな~。2015/05/22

鍵ちゃん

12
白浜家の人々の前に見知らぬ男から奇妙な申し出があった。彼の娘夫婦が暮らしていた家に住み、娘と孫の死の真相を探ってくれれば、借金を全額肩代わりしてくれるという。「どうせ死ぬなら、やってみようよ亅、一人娘・仁美の言葉に白浜家の人々はその家へ引っ越していった。しかし、その夜から不可解な出来事が続発。この家には一体何が起ころうとしているのか?2021/01/31

ゼニガメ

8
【怖い週間】高校生くらいの時に一度読んでる。いろいろな視点から、寂れた町で起こる陰惨な事件を追う。後半、かなりグロテスクな展開が続くけどさらさらと読みやすく、引き込まれる。2016/01/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/528220

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。