角川文庫<br> 孤独のとなり

電子版価格 ¥550
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
孤独のとなり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 266p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041437087
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

たつや

35
三浦綾子さんの随筆集です。忘れっぽい、割りとお茶目な三浦さんの素顔がおもしろい。外食時に食べ残し持ち帰るエピソードは時代のせいか共感は出来ないが、なるほど、と、感心させられた。置き土産のような心暖まる話も好きだ。孤独というより、人との繋がりの大切さを感じる本でした。そして、神がそばにいるから孤独ではないとおもえるひが自分にも来るといいなと思いました。2016/09/01

mz10kousi

2
このエッセイの中に書かれているのは、僕ならそのまま見過ごしてしまいそうなごくありふれた題材だ。しかし、そこから話は膨らみ、深まっていく。それは三浦さんが普段から持っている問題意識やテーマが、ちゃんと、あるから、そして感性の鋭さがあるから、だと思う。 この本を読みとおして、三浦さんがどんな女性であるか、僕が想像してみるに、弱いものや、困っているものを何とかしたいという思いがとても強くて、正義感にあふれた、やさしい人だと思う。でも、見た目はとても厳しくてこわそうな人で、頑固で、それでいて素直な人ではないかと思2012/02/07

+U

1
良い本だ。だが少し身内をほめすぎるのでな、嫌らしいところがある2015/06/27

けにー

1
信仰、と云う部分を抜きにしても鑑みて共感出来る部分は多い。2014/10/22

くらぴい

0
三浦綾子は孤独の人でありますが、キリスト教信仰を長く持ち、神と共にある生活を実践されてました。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/100072

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。