角川文庫<br> イーハトーボ農学校の春

個数:
電子版価格 ¥572
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
イーハトーボ農学校の春

  • 宮沢 賢治【著】
  • 価格 ¥572(本体¥520)
  • 角川書店(1996/03発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 12時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 205p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041040119
  • NDC分類 913.8
  • Cコード C0193

出版社内容情報

故郷の岩手県、農業への深い愛慕に満ちた作品集。訪れた春の暖かい陽射しのなかで、歓びにあふれ、農作業を謳歌する農学生たちを描く表題作をはじめ、賢治の農学校教師時代の生活や、農学生時代の思い出から生まれた作品を集めた短篇集。

宮沢 賢治[ミヤザワ ケンジ]
著・文・その他

内容説明

訪れた春の暖かい陽射しのなかで、歓びにあふれ、農作業を謳歌する農学生たちを描く表題作をはじめ、賢治の農学校教師時代の生活や、農学生時代の思い出から生まれた作品を集める。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

116
ひさしぶりに賢治の作品を読んだが、やはり強く惹きつけられた。表紙の飯野和好さんの絵も好きだ。初期の作品が収められており、後期の作品のように悲痛なところは少ない。自然の中に没入して、自然の恵みを直接受け取る登場人物達に、感情移入しながら読んだ。子供の時に時間のたつのも忘れて、野山を駆け回ったことを思い出す。「種山ヶ原」が一番の好み。主人公の少年がふとしたことから異界に迷い込んでしまい、無事にこちら側の世界に帰ってくる。山の自然が生き生きと色彩と豊かに描かれて、読んでいると心がわくわくした。2017/04/16

優希

110
青空文庫で読みました。イーハトーボの春の声とあたたかい風が感じられます。実体験をそのまま描いているのは賢治作品にしては珍しいのでしょうか。実習服を着て農学校で過ごす陽だまりの時間が見えるような気がします。2017/04/17

クプクプ

41
面白かったです。この短編集は主人公が立ち入り禁止の場所に入ってスリルを楽しむ話や、主人公があるきっかけで苦手な分野が得意になり、調子に乗って最後の恥をかくという内容で、私の子供時代の思い出が重なり懐かしくなりました。「イギリス海岸」と「みじかい木ぺん」が特に気に入りました。板谷栄城さんが解説で、「この短編集は深刻な問題を含んでいないために、かえって賢治文学の魅力の本質をうかがうことができる」とおっしゃっていました。読書メーターに新しい角川文庫が登録されておらず表紙が異なるので後ほどつぶやきで写真を載せます2019/02/13

メタボン

26
☆☆☆★ 賢治が花巻農学校教師時代の作品。植物や自然の描写、鉱物や地層に対する言及が多いのが、教師らしい気がしてほほえましい。そんな中でも、銀河鉄道の夜などの幻想性高い作品につながるような作品もある。脱穀機の音をる、る、る、ると表現した「耕耘部の時計」。何でも問題が解ける鉛筆「みじかい木ぺん」。剣舞連のだーだーだーすこだーだーのリズムと山の中の白昼夢が印象深い「種山ケ原」。鳥と林の競演「鳥をとるやなぎ」。ずるい理助にだまされ古いきのこを集める「谷」。2020/06/06

り こ む ん

23
宮沢賢治にもこんな作品があるのだな。と、思った作品。実体験がストレートに表現されていて、イーハトーボの自然と幼い頃の思い出らしき話。地質に関する知識がたくさんでてくる。この作品を読むと、銀河鉄道の夜の土台がここにたくさん詰まっているように思えて、この体験があったから産まれたのだな。と、読んでいて楽しかった。2014/10/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/531115

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。