• ポイントキャンペーン

朝日選書
世界遺産 吉野・高野・熊野をゆく―霊場と参詣の道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022598585
  • NDC分類 291.65
  • Cコード C0321

内容説明

峻厳な修験の山、吉野・大峯。高地に拓かれた密教の原点、高野山。霊験あらたかな神仏の鎮まる、熊野三山。上皇や貴族らは山伏の先達に導かれて厳しい修行に耐え、いくどもこれらの霊場へ向かい、浄土を求めた。やがて「蟻の熊野詣」といわれるように、武士・庶民らが次から次へと霊場を目指してルートを切り拓いていった。三つの霊場の歴史をふりかえり、今に残る石畳、道標、王子跡をくまなくたどりながら、霊場をむすぶ古道に刻まれた、日本が誇る自然と祈りの景観を解き明かす。

目次

1 吉野・高野・熊野の歴史と文化
2 紀伊山地の霊場(吉野・大峯;高野山;熊野三山)
3 参詣道を歩く(大峯奥駈道;高野山町石道;熊野参詣道(紀伊路と伊勢路;中辺路 ほか))

著者等紹介

小山靖憲[コヤマヤスノリ]
1941年兵庫県生まれ。東京教育大学文学部史学科卒業。同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。和歌山大学教育学部教授をへて、現在帝塚山大学人文科学部教授・和歌山大学名誉教授。日本中世史専攻
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。