朝日選書<br> カウンセリングの話 (新版)

電子版価格 ¥1,045
  • 電書あり

朝日選書
カウンセリングの話 (新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 212,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022598448
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0311

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

コージー

52
★★★★☆「アサーション」でも有名な大学教授、平木典子による「カウンセリング」概論。「カウンセリングとは?」からはじまり、カウンセラーの資質や倫理観、現代の様々なカウンセリング理論にも触れる。興味がある方、これから目指そうと考えている方には、とてもわかりやすい導入書。【印象的な言葉】①カウンセラーは相手が何と言っているかではなくて、何を言わんとしているかが理解できなければならない。②人間は部分や要素の総和ではなく、それ以上のものだ。 2018/09/05

駿ばぱ

4
カウンセリング入門ですね。カウンセリングの意味から、理論のいろいろ、大切なことまでわかりやすかった。傾聴ってのは何においても大事だね。2013/11/22

ルル

2
要再読。 体系だてられた知の集積は、時代が経ても色褪せないもの。どんな分野であろうと理論を打ち出す人は賢人であり最高のアウトプット術を持ち合わせている。2014/07/04

1
カウンセリングの専門家が、どのような胸のうちで、心理臨床に立ち向かっているかが伝わる内容。 臨床、特に精神科医療を背景に語られている筆者のカウンセラー観がとても鋭く、痛いほどに臨床家という仕事が、簡単には出来ないことを告げられた気持ちだ。 私自身、三人の心理の先生から援助を受けてきた経験がある。 あまりに自分のことのように語りに共感し、時に冷ややかとも思える問いかけをする先生方の態度そのものが不思議だったが、この本ではそこが書かれている。 心理士に必要な態度や人格の在り方に多くの紙面を割いた良著。2019/08/15

subuta

1
来談者中心というところでイライザの名前をふと思い出した。機械の音声認識が進んでいる昨今では、カウンセラーをコンピュータに任せる手法も研究が進んでいたりするのだろうか。2019/04/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/537158

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。