朝日選書
入門バクロ経済学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 195p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022598042
  • NDC分類 330.4
  • Cコード C0333

内容説明

「経済学なんていらない」と叫ぶ異端の経済学者と天才プロデューサーが、ちまたにあふれる入門書ではわからない「経済」の本質に迫る。異色の対話集。ヤワな入門書じゃわからない経済のヤバイ話。

目次

1時間目 日本人は貧乏か
2時間目 経済はそんなんじゃなかった会議
3時間目 さらば、銀行
4時間目 構造改革の正体
5時間目 お金ばかりじゃつまらない
課外授業 世の中でいちばん高いもの

著者等紹介

金子勝[カネコマサル]
1952年東京生まれ。慶応義塾大学経済学部教授。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。専門は財政学、制度の経済学。現実から遊離した経済学の現状を批判し、個々の人間や企業では対処できないリスクを社会全体でシェアする“セーフティーネット”の張り替えこそが真の「構造改革」と主張する、今もっとも熱い経済学者

テリー伊藤[テリーイトウ]
1949年東京生まれ。テレビプロデューサー・演出家。日本大学卒業。テレビディレクターとして「天才たけしの元気が出るテレビ」「ねるとん紅鯨団」など数々のヒット作品を手がけ、「天才プロデューサー」と呼ばれる。現在はラジオパーソナリティや、多くのテレビ番組に出演、若い世代から中高年層まで幅広い支持を得ている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

かい

0
まだ自分には早かった。2014/11/13

白義

0
バラエティー的経済漫談。相変わらず構造改革路線、古典派経済学が嫌いな金子勝がテリー伊藤の軽快な合いの手を借りてガンガン経済学を批判していく本。金子勝の入門には悪くないと思うが、経済学をこの本で知るのは当然おすすめできない。経済学本を読む合間に目を通すと毒が吐かれていて楽しいかも。真剣に勉強するならもっと金子勝自身の立場が明示された本の方がオススメ。下世話な例え話がいかにもバラエティー番組的2012/07/25

あだちん

0
経済学といってもまだまだ未開拓の学問であることがよく分かった。そうじゃなければビジネスは理論どおりに動いたものが勝つ世界になるはず。なっていないというのが証左である。2018/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21266

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。