学問がわかる500冊

  • ポイントキャンペーン

学問がわかる500冊

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784022220189
  • NDC分類 028
  • Cコード C0030

内容説明

10分野の学問について500冊の入門書を紹介したガイド。「アエラムック」の学問がわかるシリーズをもとに、新たにまとめたもの。「絶版・品切れ・在庫有り」等のデータと価格は、1999年12月の時点のもの。書名インデックス、出版社別・問い合わせ先リスト付き。

目次

哲学(西洋 古代中世;西洋 近世・近代;西洋 現代 ほか)
経済学(経済の基本を学ぶ;経済システムを理解する;経済と文化のつながりを見る)
社会学(社会の発見;制度の生成;文化の装置 ほか)
国際関係学(入門書と古典;国家と民族;戦争と外交 ほか)
法律学(法への歴史的アプローチ;法的な考え方へのアプローチ;古典へのアプローチ ほか)
社会福祉学(社会福祉の原理・理念;社会福祉の行財政;社会福祉の政策と計画 ほか)
宗教学(現代社会と宗教;諸宗教とその歴史;宗教とはなんであるのか)
教育学(教育全般へのアプローチ;教育への歴史的アプローチ;教育への社会学的アプローチ ほか)
心理学(心理学全般;性格;発達 ほか)
政治学(初歩からの手引き;政治への手引き;政治思想への手引き ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

★★★★★

2
2000年初版。10の学問分野につき、それぞれの専門家が50冊ずつ参考文献をあげてコメントしてゆく本です。人類学は続巻なのね、残念。「どんな本を読むべきかを、結局、自分で判断できるようになるまでは決して学問は身につかない」という、経済学担当者の身も蓋もない総括は至言だと思います。そらそうだ。2010/02/18

いちごうさぎ@本の勉強中❀

0
ジャンル別に分かれており、読みやすかったです。 読みたい本も見つかりました。 1冊一冊の紹介が簡潔で良いと思います。2016/01/17

wanted-wombat

0
斜め読み。きっとわかった気になれると思う。人文書院のシリーズのがブックガイドとしては好き。2013/01/13

norio sasada

0
https://blog.goo.ne.jp/sasada/e/58f2235dd29307be81b74b92e3e37245 https://note.com/norio0923/n/n3c8c2acd867c2006/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/241134

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。