岩波アクティブ新書<br> 生死の作法

電子版価格 ¥616
  • 電書あり

岩波アクティブ新書
生死の作法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 186p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784007000348
  • NDC分類 114.2
  • Cコード C0236

出版社内容情報

高齢期に誰もが経験する健康不安,親の介護,葬送….「あなたは突然死のおそれがあります」と宣告された著者が,自らの入院や親の看取りの体験を通して語る中高年の生活術.医者との付き合い方,死への心構えなどを指南.

内容説明

人生、いかに生き、死んでいくか。奇麗事ばかりというわけにはいきません。賢く、しなやかに、時には図太く。それには、それなりの作法があるはずです。

目次

第1章 生‐老(死の淵;「突然死の恐れがあります」;わが生死観)
第2章 生‐病(生死の予防保全;身体と病気の基本知識;迷いとその後の目覚め ほか)
第3章 生‐死(逝く者を送る作法;死者と生者は生かし合う関係にある;葬送の作法)

著者等紹介

森清[モリキヨシ]
1933年東京生まれ。法政大学第二文学部中退。鉄工所勤務を経て、現在、山野美容芸術短期大学教授・副学長。中小企業経営、技術、労働、宗教などをテーマに評論活動を展開
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

にゃん助

0
_(._.)_2013/03/27

905

0
筆者本人の思いを整理するにはこういう本もよいだろう。性生活も明らかにしてるのは好感を持った。ただ、これを読んで何を感じるかは読み手次第。ぼくにはまだ自己への囚われが感じられて同意しかねる点もあるけど、それは所詮ぬくぬくとした環境で本を読んでるだけの身分だからそんな偉そうなことを言えるだけのことだというのもわかってる。20年近く経った現在の著者の心境を知りたいと思ったが、Wikipediaにはないけど2018年にすでに逝去されてる模様。2021/01/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2214531

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。