岩波新書<br> 俳句と人間

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

岩波新書
俳句と人間

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月17日 01時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 226p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004319115
  • NDC分類 911.304
  • Cコード C0295

出版社内容情報

魂は肉体とともに消滅する存在であるのに、なぜ人は「あの世」というフィクションを創造するのだろうか。俳人は、癌という病を得て、生老病死をまるごと包み込む俳句の宇宙にあらためて向き合い、生と死にまつわる世界の壮大な仕掛けを考えた。俳諧の奥深さを伝える実作者ならではのエッセイ。「図書」好評連載、待望の書籍化。

内容説明

人間の生とは何か、そして死とは?来世など期待せず、今いる世界で納得のゆくように生きる。そのためには理想を喪失したまま漂流する現代についてよく知らなくてはならない。野放しになった欲望、壊れかかった民主主義、言葉に踊らされる人々。一人の俳人が癌の宣告をきっかけに人間の生と死について考えた思索の記録である。

目次

第1章 癌になって考えたこと
第2章 挫折した高等遊民
第3章 誰も自分の死を知らない
第4章 地獄は何のためにあるか
第5章 魂の消滅について
第6章 自滅する民主主義
第7章 理想なき現代
第8章 安らかな死

著者等紹介

長谷川櫂[ハセガワカイ]
1954年熊本県生まれ。俳人。俳句結社「古志」前主宰。「きごさい(季語と歳時記の会)」代表。朝日俳壇選者。読売新聞に詩歌コラム「四季」を連載、インターネットサイト「俳句的生活」で「ネット投句」「うたたね歌仙」を主宰している。句集に『虚空』(花神社、読売文学賞受賞)、評論集に『俳句の宇宙』(サントリー学芸賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Eiko

1
長谷川櫂の句集は読んだことがないけれど、新書版のものは何冊か読んでいる。朝日俳壇の選には「なるほどなぁ」と毎週思う。そうか、がんを患っていらしたんだと驚く。大体同世代だから、他人事ではない。大病という点ではワタシも何度か手術台に乗っているが、手術して患部を取ってしまえば完治というほどのことだから、死を意識したことはない。知識人(あってるかなぁ)は、自身の病さえも思索の種にするんだと思った。芭蕉の『古池や蛙飛び込む水の音』の解釈は長谷川櫂のどの本にも出てくるが、読む度に俳句って難しいと再確認する。2022/05/16

音也

1
とても良い本だった。著者は皮膚癌の告知を受け、その治療をし、その後別の部位にも同じ癌が現れる。皮膚癌が暗い通奏低音のように鳴り響き、死、民主主義の終焉、コロナの時代の空気そして俳句について語られる。そばに佇んで話を聞いているようなそんな近しさが印象的だった。 2022/03/19

linbose

1
★★★★☆ 2022/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19153948

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。