岩波新書<br> 日本の税金 (第3版)

個数:
電子版価格 ¥907
  • 電書あり

岩波新書
日本の税金 (第3版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年01月21日 14時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 244p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004317371
  • NDC分類 345.1
  • Cコード C0233

内容説明

日本の税制はわかりにくい。政治家と官僚まかせで作られた複雑な制度を、市民の目線で見直し解きほぐす。所得税、法人税、相続税、消費税、地方税、間接税、国際課税。その基本的な考え方、導入の背景、問題点などをコンパクトに解説する。定評ある入門書の最新アップデート版。税金の仕組みをすぐ知るのに最適な一冊。

目次

序章 私たちは誰のために税を負担するのだろう?
第1章 所得税―給与所得が中心だが
第2章 法人税―税率引下げ競争の行く末
第3章 消費税―市民の錯覚が支えてきた?
第4章 相続税―取得税方式に徹底すべきでは?
第5章 間接税等―本当に合理的で必要なのか?
第6章 地方税―財政自主権は確立できたのか?
第7章 国際課税―国境から税が逃げていく
終章 税金問題こそ政治

著者等紹介

三木義一[ミキヨシカズ]
1950年東京都に生まれる。1975年一橋大学大学院法学研究科修士課程修了、法学博士。専攻は税法。現在、青山学院大学学長、弁護士。民間税制調査会メンバー、元政府税制調査会専門家委員会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

定評ある入門書の最新アップデート版。所得税、法人税、相続税、消費税、地方税、間接税、国際課税。その基本的な考え方、導入の背景、問題点などをコンパクトに解説する。税金の仕組みをすぐ知るのに最適な一冊。