岩波新書<br> イスラーム主義―もう一つの近代を構想する

個数:
電子版価格 ¥907
  • 電書あり

岩波新書
イスラーム主義―もう一つの近代を構想する

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 新書判/ページ数 256p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004316985
  • NDC分類 316.2
  • Cコード C0231

内容説明

「アラブの春」をきっかけに、長い封印から解き放たれた政治と宗教の関係という「古くて新しい問い」。その答えの一つが、イスラームの教えを政治に反映させようとするイスラーム主義だった。オスマン帝国崩壊後の「あるべき秩序」の模索が今も続く中東で、イスラーム主義が果たしてきた役割とは。その実像に迫る。

目次

第1章 イスラーム主義とは何か
第2章 長い帝国崩壊の過程
第3章 イスラーム主義の誕生
第4章 イスラーム主義運動の登場
第5章 イラン・イスラーム革命の衝撃
第6章 ジハード主義者の系譜
第7章 イスラーム主義政権の盛衰
終章 もう一つの近代を構想する

著者等紹介

末近浩太[スエチカコウタ]
1973年生まれ。横浜市立大学文理学部卒業。英国ダラム大学中東・イスラーム研究センター修士課程修了。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科5年一貫制博士課程修了。博士(地域研究)。立命館大学国際関係学部教授。専攻は中東地域研究、国際政治学、比較政治学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

オスマン帝国崩壊によって封印から解き放たれた政治と宗教の関係という「古くて新しい問い」。その答えの一つが、イスラームの声を政治に反映させようとするイスラーム主義だった。単なる復古主義ではない、その実像に迫る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件