岩波新書<br> 日本文化をよむ―5つのキーワード

個数:

岩波新書
日本文化をよむ―5つのキーワード

  • ウェブストアに21冊在庫がございます。(2017年09月22日 05時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 202p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004316756
  • NDC分類 121
  • Cコード C0210

内容説明

異なる文化のあいだでの腰を据えた“対話”がますます求められる時代。そのための基礎的な知識として、西行の「心」、親鸞の「悪」、世阿弥の「花」など5つのキーワードから、日本文化の根底にあるものの見かた、美意識のありかたを素描する。西田幾多郎の思想をヒントに、日本文化のひとつの“自画像”を描く試み。

目次

第1章 西行の「心」―無常の世と詠歌懸命の道
第2章 親鸞の「悪」―末法の世における救い
第3章 長明と兼好の「無常」―二人の遁世者
第4章 世阿弥の「花」―能と禅の交わり
第5章 芭蕉の「風雅」―わび・さびと「自然」
終章 西田幾多郎の日本文化論―世界主義という視点

著者紹介

藤田正勝[フジタマサカツ]
1949年三重県に生まれる。1978年京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。1982年ドイツ・ボーフム大学大学院ドクター・コース修了。専攻―哲学、日本哲学史。現在―京都大学大学院総合生存学館教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

西行の「桜」、親鸞の「悪」、長明の「無常」──。5つのキーワードから、日本文化の根底にあるものの見方、美意識のあり方を素描する。