岩波新書<br> 鏡が語る古代史

個数:

岩波新書
鏡が語る古代史

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2017年06月29日 18時07分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 244p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004316640
  • NDC分類 222.03

内容説明

中国の皇帝が邪馬台国の卑弥呼に贈った「銅鏡百枚」。日用の化粧具のほか、結婚のしるし、護符、政権のプロパガンダなど、さまざまに用いられた古代の鏡は、どのようにつくられ使われてきたか。鏡づくりに情熱を注いだ工匠たちの営みに注目しつつ、図像や銘文を読み解くことから、驚くほど鮮やかに古代びとの姿がよみがえる。

目次

第1章 鏡はどのように使われたか
第2章 人びとの心情を映す―前漢鏡に刻まれた楚歌
第3章 “プロパガンダ”としての鏡―儒家思想のひろがりと王莽の台頭
第4章 自立する鏡工たち―後漢前期に生まれた淮派
第5章 民間に題材を求めた画像鏡―江南における呉派の成立
第6章 幽玄なる神獣鏡の創作―四川における広漢派の成立
第7章 うつろう鏡工たち―東方にひろがる神獣鏡
第8章 政治に利用された鏡―「銅鏡百枚」の謎を解く

著者紹介

岡村秀典[オカムラヒデノリ]
1957年生。京都大学文学部卒業。文学博士。京都大学助手、九州大学助教授を経て、京都大学人文科学研究所教授、東アジア人文情報学研究センター長。専攻、中国考古学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

中国皇帝から邪馬台国の卑弥呼へと贈られたことで名高い「銅鏡百枚」。国家的外交儀礼に「鏡」が用いられたのはなぜか。鏡はどのように生まれ、使われてきたのか。表面的な「形」のみにとらわれず、文様の表現する世界観を読みとき、銘文が語る抒情を聴きとることから、そこに刻みこまれた古代人の姿をいきいきと蘇らせる。