偽りの経済政策―格差と停滞のアベノミクス

個数:

偽りの経済政策―格差と停滞のアベノミクス

  • ウェブストアに22冊在庫がございます。(2017年06月25日 07時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004316619
  • NDC分類 332.107

内容説明

なぜ今も経済の停滞が続くのか、本当に雇用は回復したのか、金融緩和でデフレからの脱却は成功したのか、格差は広がっているのか…安倍政権と黒田日銀による経済政策を徹底検証。まやかしの「成果」のからくりを暴き、アベノミクスを鋭く批判する。その先に、経済学が果たすべき役割が見えてくる。

目次

第1章 低成長が続く日本経済(混迷する黒田=岩田日銀;停滞する日本経済;機能しない異次元緩和;日本だけの経済停滞;世界大恐慌の再検討)
第2章 雇用は増加していない(実体経済、雇用、労働生産性の低迷;労働生産性のゼロ成長)
第3章 デフレ脱却という神話(輸入インフレの終焉;日本銀行は責任を転嫁する;誤った経済学は失敗を繰り返す)
第4章 広がる格差(企業業績の急回復、それが問題だ;アメリカ経済の何が「回復」しているのか;実態なき「回復」)
終章 アベノミクスとポスト真実(経済学の「裏の歴史」;経済の危機は経済学を進歩させる)

著者紹介

服部茂幸[ハットリシゲユキ]
1964年大阪府生まれ。1988年京都大学経済学部経済学科卒業。96年京都大学博士(経済学)。現在、同志社大学商学部教授。専攻、理論経済学(マクロ経済学、金融政策)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)