岩波新書<br> 正岡子規 人生のことば

個数:

岩波新書
正岡子規 人生のことば

  • ウェブストアに26冊在庫がございます。(2017年05月29日 02時05分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004316602
  • NDC分類 911.36

内容説明

病と闘いながら、短い一生で文学革新をなしとげた正岡子規。畏友夏目漱石には「僕ハモーダメニナツテシマツタ」と弱音をはき、人生行路定まらぬ高浜虚子には「貴兄ニ半椀ノ飯ヲ分タン」と激励する―著作・書簡を読み解きながら彼の人間的魅力を紹介し、そのことばのなかに、私たちが今を生きるヒントを見いだす。

目次

泣―生きているから、弱音もはく
希―病んでいるから、望みをもつ
友―知己には厚く、熱く
笑―苦しいからこそ、ユーモアを
識―本質を見通し、突く
独―俗を離れて、ひとりゆく
親―家族、故郷を思う
進―ひたむきに、道を

著者紹介

復本一郎[フクモトイチロウ]
1943年愛媛県宇和島市生まれ。1972年早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了(文学博士)。専攻は近世・近代俳論史。静岡大学教授、神奈川大学教授を経て、神奈川大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)