岩波新書<br> 日中漂流―グローバル・パワーはどこへ向かうか

個数:

岩波新書
日中漂流―グローバル・パワーはどこへ向かうか

  • 提携先に100冊在庫がございます(2017年10月18日 13時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 272p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004316589
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C0231

内容説明

国交正常化以来の友好の時代を経て、日中関係は、大きな転換期を迎えている。「反日」デモや領土・領海をめぐる衝突など政治的な緊張感を増すなかで、日本は、新たなグローバル・パワーと化した中国とどう向き合うのか。現代中国外交の実像を多角的に読み解きながら、来たるべき日中関係を模索する。

目次

第1章 日中正常化四〇年をふり返る
第2章 一九七二年体制を考える
第3章 「反日」の高まり
第4章 制度化の試みと蹉跌
第5章 日中衝突―領土・領海をめぐるパワー・ゲーム
第6章 モデルとしての米中関係
第7章 中国外交をめぐる問い
第8章 外交行動としての軍事力行使
第9章 中国の変身とリアリズム
終章 二一世紀グローバル大国のゆくえ

著者紹介

毛里和子[モウリカズコ]
お茶の水女子大学文教育学部卒業。現在、早稲田大学名誉教授。専攻は現代中国論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件