岩波新書
ベースボールの夢―アメリカ人は何をはじめたのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 220,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004310891
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0236

内容説明

二〇世紀資本主義への転換期、開拓フロンティアの消滅や都市の時代の始まりを背景として、ベースボールは成立した。当時、衰退の波にさらされていたミドルクラス・白人男性の「夢」として、数々の神話や幻想を織り込みながらつくられた、壮大なスペクタクル。アメリカ人はそこに何を託したのか?豊富な図版とともに読み解く。

目次

第1章 ベースボールの起源と神話(将軍、アブナー・ダブルデー;イギリス生まれか、アメリカ生まれか;起源の不在、起源の永続;ベースボールの幼年時代)
第2章 ニューヨーク・ゲームの覇権―ルールの進化と都市の欲望(最初のゲームをめぐって;ルールの変遷―ゲームの進化;都市の政治学)
第3章 愛国主義の虚実―ビジネスとしてのベースボール(アメリカ人の生の様式;図像の虚実;ナショナル・ゲームの虚実;ビジネスの時代)
第4章 ミドルクラスと肉体の幻覚―男性的なスポーツの発見(男性的なスポーツ;ミドルクラスと「男性性」への執着;資本主義と「肉体」の幻覚;観客のまなざし、観客の時間)
第5章 都市のファンタジー(田園のアメリカ;スモールタウンの幻像とベースボール;人性の陶冶;群集への社会科)

出版社内容情報

20世紀への転換期、開拓フロンティアの消滅と都市化の始まりに機を同じくして、ベースボールは成立した。当時、衰退の波にさらされていたミドルクラス白人の不安を癒す「夢」として、数々の神話や幻想を織り込みながら作られた壮大なスペクタクル。そこに託されたものは何だったのか? 豊富な図版とともに分析する。