• ポイントキャンペーン

岩波新書
大黒屋光太夫―帝政ロシア漂流の物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 243p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004308799
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0221

内容説明

鎖国下の一八世紀後半、廻船・神昌丸が駿河湾沖で遭難、乗員らは漂着先のアリューシャン列島からシベリアへ渡った。立ちはだかる言葉の壁、異文化体験の衝撃、帰国を阻むロシア側の思惑…。帝都ペテルブルグでついにエカテリーナ二世への直訴を果たし、十年ぶりに帰国した船頭・光太夫らの数奇な漂流・漂泊の軌跡を新史料を交えて描く。

目次

序章 赤蝦夷の噂
第1章 頼もしき若松浦衆
第2章 遭難、そして漂流
第3章 霧と風の島アムチトカ
第4章 カムチャツカからシベリアへ
第5章 イルクーツクでの望郷の日々
第6章 帝都サンクト・ペテルブルグ
第7章 ロシアの黒船と蝦夷地
第8章 鎖国下の日露交渉
第9章 大江戸暮しとなった伊勢二漂民
終章 使節レザーノフの長崎来航

著者等紹介

山下恒夫[ヤマシタツネオ]
1939年東京に生まれる。1964年早稲田大学文学部卒業。雑誌「中国」(竹内好主宰)編集者を経て現在、漂流記研究者
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

鎖国下の1782年,駿河湾沖で遭難した廻船・神昌丸の乗員らが,漂着先のロシアで見たもの,体験したこととは? 船頭・光太夫らの10年にわたる漂流・漂泊の軌跡とその数奇かつ壮大なドラマを多数の新発掘史料もまじえて描く.