岩波新書<br> 白球礼讃―ベースボールよ永遠に

個数:

岩波新書
白球礼讃―ベースボールよ永遠に

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月07日 18時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004300649
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0275

出版社内容情報

暑い草いきれのなか,白球を追う.無心になってゲームをするときの幸福感――.草野球チームの監督兼三塁手としてプレーする詩人が,アメリカの野球殿堂を訪ね,チームの公認を得る.そこには元大リーガーも入団する! さらにグラヴやバットの職人を訪ねては,野球への情熱を聞く.ベースボールへの愛が一杯に詰まった一冊.

内容説明

暑い草いきれのなか、白球を追う。無心になってゲームをするときの幸福感―。草野球チームの監督兼3塁手としてプレーする詩人が、アメリカの野球殿堂を訪ね、チームの公認を得る。そこには元大リーガーも入団する。さらにグラヴやバットの職人を訪ねては、野球への情熱を聞く。ベースボールへの愛が一杯に詰まった一冊。

目次

ダイアモンドよ永遠に
ライオンズとチョンギース
天職野球への道
たった一人のワールドシリーズ
クーパースタウン殿堂攻略記
幻の軟式ボールを求めて
野をひらくバット
グラヴ職人との一夕
最後のシャドウ・ベースボール
レロン・リー、ファウルズに来る

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

YO)))

26
身体性と詩情をこうも自在にのびのびと行き来できるものかと、しかしそれもベースボールの無限の懐の故であると。 作中幾度も言及されているW.P.キンセラ「シューレス・ジョー」に勝るとも劣らぬおかしな随筆だと言いたい。最高。2017/10/20

gu

4
野球には小説家や詩人の魔術的な想像力を刺激する何かがあると思うくらい、野球と幻想は容易く結び付く。それは、この競技の形式と遊戯性がもたらすバランスがある種の奇跡だからではないか。そこではMLBも草野球も「内野ゴロのアウトとセーフはほとんど同じ質量のスリルを味わわせてくれる」し、子供たちの歓びとスター選手の栄光の瞬間が共存している。またこの本は、野球とは実践の中に、投げ打ち走り捕ることの「始原的な歓びをゆっくりと呼吸すること」の中にあると言う。2013/08/28

Hal

1
今でこそ中日ファンだけども、13だか14だかのころに「野球が好きだ」と言うと「どこファン?」と毎回訊かれることに戸惑っていたことを思い出した。プレイする野球、観る野球、か。2018/01/04

もういっこみかん

1
西鉄ファンって意外に多いんだな、って思う。ライオンズの歴史に西鉄が戻ってきて本当によかった。2012/02/28

ふみ

0
正岡子規「筆まかせ」 「運動となるべき遊技」を順々にけなし、「ベースボールほど愉快にみちたる戦争は他になかるべし」という。 「戦争」と「愉快」との語のコントラストを味わうべきことばだろう。ベースボールという場所では、真剣味も遊びごころも、悲壮も陽気も、たくらみも無邪気も、ひとつの場所に融けあって豊かにひろがる。 世界と同じ深さとひろさをもつゲームだ。 世界の深まりとひろがりとたたかうゲームなのだ。 この本は、あちこちにあるあった草野球チームの任意の一草が語ったものにすぎない。だからこそ、同じ光りに打たれ、2016/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/124550

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。