岩波新書
奈良

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004130949
  • Cコード C0221

内容説明

「大和は国のまほろば」と歌われた奈良は、いまに美しい山河の地である。三輪、畝傍など各地にまつわる神話や伝説を分析し、数々の遺跡を訪ねつつ古代日本の歩んだ道を明らかにする。古事記や日本書紀、万葉集、さらに古墳や宮跡の最近の調査を手がかりに描き出される古代の姿は、読者を新しい奈良への旅に誘ってやまない。

目次

序章
第1章 国つ神の里―三輪と磯城
第2章 古墳と豪族―葛城
第3章 后たちの墓―佐紀楯列と和爾・石上
第4章 神武伝説とその背景―初瀬・磐余・畝傍
第5章 花ひらく―飛鳥・藤原
第6章 国家興隆のかげに―斑鳩・平群・二上山
第7章 都の明暗―平城京

著者等紹介

直木孝次郎[ナオキコウジロウ]
1919‐2019年。1943年京都大学文学部国史学科卒業。大阪市立大学名誉教授。専攻、日本古代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「大和は国のまほろば」と歌われた奈良は,いまに美しい山河の地である.三輪,畝傍など各地にまつわる神話や伝説を分析し,数々の遺跡を訪ねつつ古代日本の歩んだ道を明らかにする.古事記や日本書紀,万葉集,さらに古墳や宮跡の最近の調査を手がかりに描き出される古代の姿は,読者を新しい奈良への旅に誘ってやまない.