岩波文庫<br> フランス革命についての省察〈下〉

岩波文庫
フランス革命についての省察〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 276p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003402528
  • NDC分類 235.06
  • Cコード C0131

出版社内容情報

彼らの達成した業績は,あの無数の暴力と愚昧な行動なしには達成されなかったか? 全く疑いもなく,それなしに達成されたはずである-アメリカの独立を支持したバークが,過激化するフランス革命を弾劾する.(全2冊)

内容説明

彼らがこの権威の奪取のために行った無数の暴力と愚昧な行動を免責するためには、彼らの成果が、それなしには到底達成されなかったことが立証されねばならない。全く疑いもなく、それなしに達成されたはずである―ジョージ三世の専制に反対し、アメリカの独立を支持したバークが、過激化するフランス革命を弾劾する。

目次

フランスの貴族階級
フランスの聖職者の悪徳は没収の原因ではなかった
旧体制下の聖職者の悪徳は没収の口実とはなりえない
近代のフランス聖職者の評判
新しい教会体制の無政府状態
それと比較されたイギリスのプロテスタント教会政策
無神論者の狂信
没収の政策と保存の政策との対照
彼らの精神
政治手腕ないし叡知の欠如〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

冬至楼均

0
その見識は恐るべき。特に将来の軍事独裁政権の誕生を予想した点に至っては。(皇帝ナポレオンの誕生まで生きていればもっと高い評価を得ていただろう)2013/05/14

マウンテンゴリラ

0
文章の読みづらさはさておき、全体的な主張には共感できる部分が多かった。立法、行政、司法のバランスや、軍隊の指揮系統における権威等が、フランス革命によって崩壊したということについて、事実に照らして全く正しかったとは言えないにせよ、その後の国の混乱を招いた原因であることは間違いないような気がする。民衆の権力への反感を原動力とし、体制の打倒を主目的とした改革は、長年にわたって自国民が築き上げた制度への信頼と保守の精神を過度な熱狂によって忘却させるという点で、現在の日本の状況に酷似しているとも感じられた。2012/05/09

オペラ座のカニ人

0
8月末に読み終えたあと、鹿島茂さん解説のルイ16世、佐藤賢一さんの小説フランス革命1から4を読み終えたあと再び解説を読み返した。王側から見たフランス革命と議会国民側から見たフランス革命を読み理解した上でもう一度、この省察を読み返した。難しい本ですがさまざまな立場からフランス革命を見ることは勉強になります。これからもフランス人の物事の考え方や歴史を学ビたい。2021/08/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/142067

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。