岩波文庫
近代国家における自由

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 282p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003401811
  • NDC分類 316.1
  • Cコード C0131

出版社内容情報

統制されぬ権力は常に自由の宿敵となる.ルーズベルトが提唱したあの「四つの自由」を実現してゆく条件,国家権力が従うべき基準とは何か.ファシズムの脅威に鋭い洞察を加えるとともに,近代国家がはらむ権力と自由の矛盾を考察,自由・平等・平和の不可分性を強調する.イギリスの思想家ラスキ(一八九三‐一九五〇)による現代の自由論.

内容説明

統制されぬ権力は常に自由の宿敵となる。ルーズベルトが提唱したあの「四つの自由」を実現してゆく条件、国家権力が従うべき基準とは何か。ファシズムの脅威に鋭い洞察を加えるとともに、近代国家がはらむ権力と自由の矛盾を考察、自由・平等・平和の不可分性を強調する。イギリスの思想家ラスキの全貌をうかがうに足る現代の自由論。

目次

精神的自由
自由と社会

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

D

17
自由は本来対立する可能性をもつものと共存している。例えば、平等。自由が進めば進むほど平等は侵食されて、逆に平等が進めば進むほど自由を失っていく。今、自分が持っている自由はそのような微妙な関係の上で成り立っていると認識できる。2014/01/23

青のりしめじ

1
ううん…そんなにおもしろくない…今となると当たり前の、だいたい知ってるような当たり障りのないことが、堅苦しい文章で延々続くので読んでいてなかなか眠くなります。しかしどこか自由とはフィクションであり、それについていろいろ考え思わせ現実から逃避させることこそ統治について肝要、みたいな感想を抱かせるこの堅苦しさこそ、近代における「自由」なのかもしれません。2012/11/30

echelon

0
おもしろかった。2017/05/07

89式

0
一九二五年、イギリス政府が治安妨害のかどで、共産主義者たちを起訴したとき(……)共産主義などを知ろうともしなかった無数の読者に、その原理を知らせる結果となった。いかなる国家も好奇心という人間の衝動を抑止しうるものではない。しかも、禁止されたものを知ることには、常に特別の喜び、つまり一種の心理的な稀少価値が存在する。他のいかなる方法にもまして、禁止事項ほど速かに流布されるものはなく、これを防ぐ技術は、未だ発見されたためしがない。(p113)2017/04/22

katashin86

0
”理性に対する尊敬のあるところ、そこにまた自由に対する尊敬がある。自由に対する尊敬あってはじめて人生は真に美わしきものとなりうるのである” 二度の大戦、ままならぬ民主政治を同時代でみて、だからこそ、と理性と自由を信じる著者の魂・人生は「真に美わしい」と思う。2015/08/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/300997

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。