岩波文庫<br> ラッセル教育論

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
ラッセル教育論

  • 安藤 貞雄【訳】
  • 価格 ¥1,067(本体¥970)
  • 岩波書店(1990/05発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 18pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月21日 09時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 348p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784003364925
  • NDC分類 371
  • Cコード C0137

出版社内容情報

現代イギリスを代表する思想家ラッセル(一八七二‐一九七〇)の啓蒙的著作の傑作.人の性格はほぼ六歳までに形成されるとするラッセルは,幼年期に何よりも重要なのは子供の本能を正しく訓練して調和のとれた性格を作りだすことであり,この「性格の教育」を完成させるのが「知性の教育」だと説く.自由と知性と愛に裏うちされた教育論.

内容説明

現代イギリスを代表する思想家ラッセル(1872‐1970)の啓蒙的著作の傑作。人の性格はほぼ6歳までに形成されるとするラッセルは、幼年期に何よりも重要なのは子どもの本能を正しく訓練して調和のとれた性格を作りだすことであり、この「性格の教育」を完成させるのが「知性の教育」だと説く。自由と知性と愛に裏うちされた教育論。

目次

第1部 教育の理想(近代教育理論の前提条件;教育の目的)
第2部 性格の教育(生後第一年;恐怖;遊びと空想;建設的な心;わがままと自分のもの;真実を語ること;罰;ほかの子供たちの重要性;愛情と同情;性教育;保育園)
第3部 知性の教育(一般的な原理;十四歳以前のカリキュラム;最後の数学年;通学制学校と寄宿制学校;大学;結論)