岩波文庫<br> 演劇について―ダランベールへの手紙

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
演劇について―ダランベールへの手紙

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 00時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 302p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003362365
  • NDC分類 770.4
  • Cコード C0198

出版社内容情報

近代都市文化の精華たる演劇.これを上演する劇場をこの町にも設置すべきだ.「百科全書」の「ジュネーヴ」の項でダランベールはこう提言する.ジュネーヴ市民ルソーはただちに応酬.貧富の差に規定され,閉された密室の芸術より,自由に民衆が参加できる野外での祭を,と.一気に書き上げられたルソーの芸術観・社会観の顕著な作品.

内容説明

近代都市文化の精華たる演劇。なのにジュネーヴでは演劇は禁じられている。『百科全書』の「ジュネーヴ」の項で、ダランベールはその不満を書き綴る。しかしルソーは、貧富の差に規定され、閉ざされた密室の芸術より、自由に民衆が参加できる野外での祭を、と応じ、ここにその芸術観・社会観を展開する。

目次

ダランベール氏へ(ジュネーヴの牧師たちの信条について;検討すべき問題。野蛮人の演劇観;習俗と演劇;演劇は人の心を浄化するという説について;フランスの劇について;悲劇について;喜劇、とくにモリエールと「人間ぎらい」について;恋愛を主題とする劇;演劇が小さな町にもたらす弊害。「山の人たち」のこと;俳優がもちこむ悪習を防止することの困難。習俗と法;俳優について;女優について;ジュネーヴが常設の劇場を維持するのは不可能であること;演劇がジュネーヴの習俗、経済、政治に与える影響;現在ある劇作品はジュネーヴ市民にふさわしくないこと。総括;演劇に代わるべき、市民にふさわしい催しについて)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

lily

122
小さな町に劇場は要らない。プラトンの『国家』を念頭に、演劇論を公共性、俳優業の善悪、女性論、はたまた恋愛論まで他を圧倒する熱量で弁論する。ルソーのこの熱量が好きでたまらないんだよね。快い幸福感に浸る為には金銭や束縛に依らず、愛の力で結束して自由で気高い楽しみでなければならない。2019/08/05

壱萬弐仟縁冊

40
訳者によると、「社会契約論」と「エミール」の出版に先だつこと4年、すでに自己の思想を確立していたルソーが、演劇とジュネーヴという現実の問題を取り上げて、民衆の立場から、貴族趣味の演劇を批判し、健全な市民生活はどうあるべきかを具体的に説いている。ここに興味がある(10頁)。演劇はいけないとしても、市民には、市民にふさわしい、楽しみとなることがなければならない。2017/02/11

まさひろ

20
色々とツッコミを入れたくなる本という印象。 モリエールの『人間ぎらい』を読んだら当該章をもっかい読も。2019/08/31

Mercy

1
1758年、ダランベールが『百科全書』に書いた「ジュネーヴ」の項目へ反論した書簡。一貫してジュネーヴの自治を擁護。ダランベールは同市の牧師たちをソッツィーニ派と賞賛し、市民道徳に寄与する劇場の新設を提案する。しかし、ルソーはどちらにも反対。おもに、プラトニズムと政治経済的観点から演劇と俳優が国家を衰退させる力があると批判する。祝祭を代替案として提示し、運動会やフォークダンスで富国強兵の堅持を夢想する。スペクタクル化するまち。このような弁証法の無効化には、映画館のような暗い文化で対抗しなければならない。2020/04/18

MaRuTaTSu

1
演劇の道徳的な作用を徹底的に否定し、その有害さを主張したルソーの著書。 その批判には頷ける点もあるが、演劇というジャンルそのものに矛先を限定している点には無理がある。大方それを扱う人間の問題だというシラーの指摘の方が説得力あった。 それにルソーって故郷のことではめちゃくちゃ保守的なのな!!(笑)2012/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/662728

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。