岩波文庫<br> 人間機械論 (改版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
人間機械論 (改版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月23日 02時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 132p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003362013
  • NDC分類 135.3
  • Cコード C0110

出版社内容情報

十八世紀に開花したフランス唯物論のもっとも尖鋭な代表者といわれる医師ラ・メトリ(一七〇九‐五一)の主著.主として生理学の力をかり,人間の精神が脳という物質の働きにほかならぬことを論証したもの.発表されるや宗教界に激しい憎悪の嵐をまきおこし,各宗派は「一人の哲学者を迫害するために力をあわせて狂奔した」という.

内容説明

一八世紀に開花したフランス唯物論のもっとも尖鋭な代表者といわれる医師ド・ラ・メトリ(一七〇九‐五一)の主著。書名が示すとおり、主として生理学の力をかり、人間の精神が脳という物質の働きにほかならぬことを論証したもの。発表されるや宗教界に激しい憎悪の嵐をまきおこし、各宗派は「一人の哲学者を迫害するために力をあわせて狂奔した」という。

目次

ラ・メトリの生涯について(訳者)
出版者の言葉
ゲッチンゲン医科大学教授ハルレル氏に捧ぐ
人間機械論

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

50
「人間の心はどこにあるか?」という問いに対して二種類の答え方をする人が多いと思う。一つは胸を指差し、もう一つは頭を指差す。この本は、初めて「人間の感情は脳の信号によって生み出されたものにしかすぎない」、「生命活動を停止しても近細胞が動くのは神経反応によるものである。そのため、身体全てに魂は存在しない」という考えを示したものである。デカルトは「自己」という実体があることによって世界を認識できるとした。一方、デ・ラ・メトリは身体という器に入った神経によって人間は感情というものを知覚できると思い込んでいると説く2014/10/17

lily

28
人間は機械であるという一見すると狂気な言葉を構築したが、中身は生理学に基づいた至って冷静な論理なので驚きは皆無。しかし著者の必死の喧嘩売りは伝わるから文体は楽しめる。やけに生殖器の生理作用を強調する。もしかしてこれが主題の意図?2019/06/21

壱萬弐仟縁冊

23
ラ・メトリが本屋の保護でオランダ国境を越えてプロシャに逃れ、フリートリヒ大王の宮廷にはいったとのこと(16頁)。メトリは人にかくし立てをしない陽気な気持のよい人間であった(21頁)。研究(・点)なるものの無上の 快楽(・点)の本質をあきらかにせんがために、愚生の足下に捧呈致しますものは愚生の書物にあらずして、愚生自身であります(26頁)。研究こそ、年齢と、場所と、季節と、時とを問わざる快楽であります(32頁)。人間はきわめて複雑な機械である。2015/10/16

しゅん

19
読んでいて何の違和感もないことに驚き。今読めばあまりに当たり前の唯物論。食と餓えの観察から心の働きを否定する論を取り出すところがおもしろい。「ある年齢までは人間は動物以上に動物である。乳の河のまんなかで餓死する動物は何者か?人間だけである」2017/10/17

Major

13
 大学3年の時、確か2回目の倫理学ゼミで課題本として取り上げられた著作である。心身問題における心(思惟実体)と身体(延長実体)の在処とこの二元論がいかに哲学的に論じられ得るかを追究することは、在学当時のhotな問題であった。この著作において、ド・ラメトリは、100年ほど前にデカルトから始まった近代哲学の心身二元論を批判し、霊魂の存在を医師の立場から真っ向から否定し、唯物論を展開している。デカルトの動物機械説を人間にも適用し機械論的な生命観を提唱したのである。(コメントに続く)2013/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/426855

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。