岩波文庫<br> ゴッホの手紙 〈上〉 ベルナール宛 エミール・ベルナール (改版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
ゴッホの手紙 〈上〉 ベルナール宛 エミール・ベルナール (改版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 22時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 205p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003355312
  • NDC分類 723.359
  • Cコード C0100

出版社内容情報

ゴッホ(一八五三‐九〇)が一発の銃弾で三十七歳の生涯を閉じたとき世人はその作品をガラクタとしか見ていなかった.この書簡集はこうした世の無理解や悪意と戦って画業に燃焼しつくした天才の類まれな魂の記録である.上巻には親友であった画家ベルナール宛の,中・下巻にはいわば生涯を兄にささげた弟テオドル宛の書簡を収めた.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

aika

46
画家ゴッホがこれほど理知の人だったとは思いもしませんでした。友人ベルナールへの手紙に綴られたミレーとドラクロワへの愛と、緻密な色彩の研究と分析には驚きました。流行文学から聖書、歴史書に至るまで、深い知見でベルナールの絵や詩に忌憚なく意見を言う様子は、ゴッホが芸術の中に真理を見出だそうとした人であったことを物語ります。日本の芸術家たちのように開かれた関係性を理想とするも挫折した寂寥感には心が痛みますが、ベルナールがこの友人を世間に忘れさせないよう、展覧会や書簡の出版に奔走する友情の深さに胸が熱くなりました。2020/03/17

壱萬弐仟縁冊

30
1911年。ヴィンセントは、『日本のような美しい国で、水は景色に豊かな青を添えエメラルド色の斑紋は、まるで日本の版画をみるようだ』と(24頁)。個人主義が団結心を枯渇させれば偉大なものが生れるはずもない(50頁)。美とは個性によって感じた新しい真理のなかに包含された崇高なものを発散させることである(58頁)。クロード・モネでさえ、お金がなく、借りることも出来ずに半年間も絵を描かなかった(68頁)。2021/06/23

多田幾多

26
手紙を読んで思った事は、「自分よりも他人を思っている」。自分の病気より友人の病気や体を思い、友人が送ってくれた絵に対して褒め。そして的確なアドバイスを与え、画家達の共存を望んでいる。ゴッホからの手紙はどれも絵画に対する情熱が、夢と希望に溢れていて、なんだか自分まで情熱が溢れてくる。そういえば……ゴッホが手紙で何度も描いたように、「星の夜空」は描けたのだろうか?2013/11/30

あかくま

25
先日、モネ展を見た際に、一緒に展示されていたゴッホの絵を見て突然気が付いた。私はゴッホの絵が好きなんだ・・。印象派の絵の中にあって、ゴッホの色彩が輝いて見えた。「これらの天才(ミレーやドミエ、ドラクロア)が気狂いじみていたとも考えられないことはない。彼らを手放しで感心して好きになるためには、こちらも少し狂う必要がある。」(p146)ゴッホの手紙は色彩のことでいっぱいだ。彼の目には、高感度に色を感じる特別なセンサーがついていたのかもしれない。彼の手紙には「熱」がある。名付けようのないその熱に、魅かれる。2014/04/30

吉野ヶ里

23
1890年に、三十七歳で拳銃自殺した。手紙のふしぶしから人の良さが伺える。気性の激しい狂人という印象を持っていたのだが、どうやら反対にずいぶんと冷静で、気さくな人物だったようだ。憂うつ症というか、ネクラさというか、そういった部分がときどき顔を出すのも面白い。手紙の本文よりも、序文の方が面白かった。《。調和の天国が目の前にありながらは這入れまいと危ぶんでいる男の気短さを理解してやるべきだ。天国の扉がなかば開いていながら目の前で無慈悲にも閉ざされそうだし、剣を持つ天使に脅迫されて天国に這入れそうもないのだ。》2016/06/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/368311

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。