岩波文庫<br> 仙境異聞・勝五郎再生記聞

個数:

岩波文庫
仙境異聞・勝五郎再生記聞

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 09時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 432p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003304631
  • NDC分類 121.52
  • Cコード C0110

出版社内容情報

文政3年,江戸の町にふいに現れた少年寅吉.幼い頃山人(天狗)に連れ去られ,そのもとで生活していたという.この「異界からの帰還者」は,人びとの関心の的となる.知識人らと寅吉の問答による異界の構成作業の全記録.

内容説明

文政三年、浅草観音堂の前にふいに現れた少年寅吉。幼い頃山人(天狗)に連れ去られ、そのもとで生活・修行していたという。この「異界からの帰還者」に江戸の町は沸いた。知識人らの質問に応えて寅吉のもたらす異界情報を記録した本書は、江戸後期社会の多層的な異界関心の集大成である。生れ変り体験の記録『勝五郎再生記聞』を併収。

目次

仙境異聞
勝五郎再生記聞

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

姉勤

26
仙境異聞:寅吉という15歳の少年。8歳の時、卜(うらない)を志し、ある人物に弟子入りするも、実は山人(天狗、異人とも:今でいう超常なる人)で壺に入れられ天空高く飛び、修行場たる霊山(筑波山、岩間山など)を転々、俗世に舞い戻ったところを江戸の好事家に見つかり、著者である平田篤胤の門閥に引き止められ、その少年との質疑応答。神の事、天狗の事から、修行の事、咒の事、治療法はともかく、日常茶飯事まで細かく問い、寅吉は辟易しつつも答える。興味深いが、古文の活字化で、いと読み難し。2018/04/15

seraphim

12
江戸後期の国学者、平田篤胤がまとめた、異界の話。神に近い山人のもとで数年過ごし、帰ってきた少年寅吉。彼に異界のことを尋ね、聞いたことと、それの考証が書かれている。知識人達も、寅吉の話に興味津々だったことが窺えて、面白かった。ただ、文章が文語体のため、読むのに時間がかかった。「勝五郎再生記聞」は、勝五郎少年が話した前世の記憶がメイン。それと他の書物などにもあり、聞き知っている他の生まれ変わりの話も追加して、検証している。こちらも興味深く読んだ。2019/12/01

ヴィオラ

8
なにより興味深いのは、書いてあることが事実かどうかではなく、少なくとも書いてる本人(平田篤胤)が事実だと思って書いてるって所。もちろん、仏教をディスってる辺りは、篤胤の計算や思惑もあるだろうけど、基本はノンフィクションという姿勢なのが良い。 文体が古くて最初は時間がかかるけど、読んでると慣れるから大丈夫(だと思うw でも、結局覚えてるのは「ワイワイ天王」と「夜になると光る◯◯」だったりして(^◇^;)2018/06/05

記憶喪失した男

6
神道の江戸時代の大家と聞いて読んだが、中国では仙人、日本では山人というらしい。2018/08/08

とんかつラバー

5
江戸の町に現れた!仙界帰りの謎の少年★寅吉★神道age↑age↑で仏教dis、神道家としての篤胤のフィルタが大きいのであろう。お布施の額で戒名決まるのは江戸時代の人もどうかと思ってたんだな。にしても読むのにすごいパワーいる。内容に興味があるだけなら角川ソフィアのほうがいい。2020/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/251525

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。