岩波文庫<br> 対訳 ディキンソン詩集―アメリカ詩人選〈3〉

個数:

岩波文庫
対訳 ディキンソン詩集―アメリカ詩人選〈3〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 175p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003231012
  • NDC分類 931
  • Cコード C0198

出版社内容情報

没後発見された千数百篇にのぼる詩によって,アメリカの生んだ最もすぐれた詩人の1人に数えられるに至ったエミリー・ディキンソン(1830-86)の傑作50篇を収録.懇切な注によりディキンソンの魅力を堪能できる1冊.

内容説明

生前、わずか10篇の詩を発表しただけで、無名のまま生涯を終えたエミリー・ディキンソン(1830‐86)。没後発見された千数百篇にのぼる作品により、アメリカの生んだ最もすぐれた詩人の一人に数えられるにいたったディキンソンの傑作50篇を精選。「夢をはらむ孤独者」の小さくて大きな詩の世界を堪能できる一冊。

目次

成功をもっとも心地よく思うのは
歓喜とは出て行くこと
「脱走」という言葉を聞くと
法悦の一瞬ごとに
大声あげて戦うことは、とても勇ましい―
詩人たちのうたう秋のほかに
水は、のどの渇きが教えてくれる
手負いの鹿は―もっとも高く跳び上がる―
わたしがもう生きていなかったら
わたしは酌む、人が醸造したことのない酒を〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

124
半分ぐらいの詩を音読してみたら、ディキンソンの詩の良さがさらに良く分かるようになった。韻を踏んでいない詩だが、言葉に独特のリズムがあって、音楽性を感じる。Amethyst remembrance(紫水晶の思い出)のように凝縮された表現が多いのが、彼女の詩の特長で声に出して読んでみると、詩全体が引き締まっていることが分かった。自分の中に沈潜することで、世界全体とつながる詩を作り出したところが、ディキンソンの一番の良さだと今度再読して気付いた。2016/05/11

アナーキー靴下

67
ディキンソンの詩は「まぶしい庭へ」で初めて読んだが、別の本で引用を見かけ、印象の違いに興味を持った。第一印象ではありのままを生き生きと、という詩人に思えたのだが、自己の内面を見つめる詩人のようだ、と。加えて、お気に入りの方の感想の「ダッシュの多用」の話にも惹かれた。短く、独特な表現で綴られる詩は、一語一語、一文字一文字に意味がある、そう窺えるのは対訳本ならでは。生涯信仰告白ができなかったディキンソンにとって、詩作こそが信仰告白だったのでは、と思う。「魂の自由な選択に絶対的な尊厳をおく」、彼女にとって。2021/03/29

マンセイ堂

51
ホイットマンと並んでアメリカの代表的な詩人ということで読みましたが、内容がさみしいのばかりだなと思いました。ホイットマンと正反対の詩を読んでいる印象を受けます。2013/12/01

ネギっ子gen

38
【座右の書】岩波から対訳で、この方の詩集が出たと知って、ダッシュで――。表紙の、<生前,わずか10篇の詩を発表しただけで,無名のまま生涯を終えたエミリー・ディキンソン(1830-86)。没後発見された千数百篇にのぼる詩により,今日アメリカの生んだ最もすぐれた詩人の1人に数えられるにいたったディキンソンの傑作50篇を精選。「夢をはらむ孤独者」の小さくて大きな詩の世界を堪能できる一冊>の要約が良し――【蛇足というか、願望……】この対訳シリーズとまでいかなくても、どこかでAnne Sextonの詩の翻訳本を!⇒2021/03/12

あきあかね

38
 「水は、のどの渇きが教えてくれる。 陸地はーはるばる通ってきた海が。 歓喜はー苦痛がー 平和はー戦いの物語がー 愛は、形見の品がー 小鳥は、雪が。」 アメリカ北東部のニュー·イングランドの田舎町に生まれたエミリ·ディキンソンは、ある時から邸に隠棲し、近所に住む人も時々庭にたたずむ彼女の白いドレス姿を垣間みるだけだったという。生前に出版した詩はわずか10篇だったが、彼女の死後、千篇を超える詩稿が見つかる。外の世界から距離を置き、独身を通した生涯。その小さな世界の中には、「じつは途方もなく豊かであった⇒2019/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/25541

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。