岩波文庫
四つのギリシャ神話 - 『ホメーロス讃歌』より

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 251p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003210260
  • NDC分類 164.31
  • Cコード C0197

出版社内容情報

生れたその日に揺籠をぬけでてまんまと五十頭もの牛を盗みだすヘルメース――.ホメーロスの名を冠して伝えられる神々を唱った讃歌諸篇から,このヘルメース神話ほか,豊穣神デーメーテール,ゼウスの息子アポローン,愛の女神アプロディーテーと,それぞれの神話を物語る四篇を集めた.明るくのびやかなギリシャ神話の小品集.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

mahiro

12
再読、デーメテール、アポローン、ヘルメース、アプロディーティーへの讃歌。ギリシャ神話が好きな人にはお馴染みのエピソードが述べられているが、遠矢を射るアポローンとかアルゴス殺しのヘルメースとかそれぞれの神に冠せられる言葉など古めかしい言い回しの和訳が神々を讃えるのにふさわしく心地良い。好きなのはヘルメースへの讃歌。ヘルメース神はギリシャローマの壺絵や浮き彫りを見ても独特の姿ですぐわかる。北杜夫氏が若い頃この讃歌を下敷きに『幼いメルクリウス』という短編を書かれていたのを思い出す。2020/02/18

ヘラジカ

9
『ホメーロス讃歌』から主要な四つの詩を抜き出したものであるが、やはりこれだけ読んでしまうと他の讃歌も全て読みたくなる。相も変わらずギリシャ神話の神々は個性豊かで感情的なのが面白い。母としての慈愛に溢れたデメテル、凛々しい青年神ボイポス・アポロン、オリュンポスの道化師ヘルメイアス、恋を司りながら自ら恋に溺れるアプロディ―テ。これだけ独自性ある面々が揃えばギリシャ神話全体魅力ある物語として輝くのは当然なのだ。個人的にはヘルメイアスの「アルゴス殺し」の話をもっと詳しく知りたいと思った。残存していないのが残念。2012/10/07

Riopapa

7
デーメーテール、アポローン、ヘルメース、アプロディーテーの讃歌。ハーデスにさらわれた娘ペルセポネーを探すデーメーテール。ヘルメースは生まれたばかりでアポローンをだまそうとする。人間の男と恋をし、アエネーイスを生むアプロディーテー。2015/10/04

Sasami

3
ギリシャの神様の、人間くささと威圧感がうまく同居している感じが好き。それでいいのか、と突っ込みたいところも多々ありつつ、絶対に逆らえない迫力があるからすごい。他の讃歌も読んでみたいが・・・叶うだろうか。2013/04/04

そーすけ

2
125*ホメロス先生が書いたことにされている詩篇から4作品を掲載。「翼ある言葉」というのは定型句なのかな。「腹に仕える惨めな従僕」とはまた、おもしろい表現で(笑)。アポローンは、牛を盗まれたり、それを竪琴と交換で許しちゃったり、若干おばかさんな感じがする。わりと読みやすい。ずいぶんと欠損部分があるようだ。2018/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/552099

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。