岩波文庫<br> くれの廿八日 他一篇

岩波文庫
くれの廿八日 他一篇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003108635
  • Cコード C0193

出版社内容情報

メキシコ開拓の野望に燃える有川純之助,家付娘でわがままな妻お吉,亡友の妹でクリスチャンの静江.純之助の渡航決意をめぐって,ある年の暮の28日,この夫婦関係の行き詰まりは頂点に達した.すぐれた批評家,翻訳家として活躍した魯庵(1868‐1929)の最初の小説で,硯友社全盛の文壇に投げられた異色作である.解説=稲垣達郎

内容説明

メキシコに理想境の建設を夢見る純之助、家付き娘でわがままな妻お吉、友人静江、三人の交渉を歳末の一日にしぼって描いた異色作。