岩波文庫<br> 日輪・春は馬車に乗って - 他八篇

個数:

岩波文庫
日輪・春は馬車に乗って - 他八篇

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月27日 00時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 300p
  • 商品コード 9784003107515
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

新感覚派の驍将として登場した横光は,つぎつぎと新しい小説形式に挑戦したが,戦争によって不幸にも挫折した.だが現在の文学状況の中で,横光の試みは今もなお課題たりうる多くのものを含んでいる.表題二作のほか「火」「笑われた子」「蝿」「御身」「花園の思想」など初期短篇と「機械」を収める. (解説 保昌正夫)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Willie the Wildcat

63
愛情の深さの齎す苦悩、そして苦悩が導く言動。表題の2作品が、対照的に直喩と暗喩で愛情の果てを描写。『花園の思想』では、愛情故の終焉を直喩・暗喩で問い続ける夫の苦悩。一方、『蝿』では苦悩もなく果てる最期すら、気にもせず”日常”へ戻る蝿。同様の視点の『笑われた子』。ふと気づくと、不満だった下駄作りに自然回帰。興味深いのが『ナポレオンと田虫』。英雄の人間臭さ、泥臭い生き様。たられば・・・、だから主人公はナポレオンでなければならないんだと思う。川端氏の文献から辿り着いた本著。『蝿』の”深さ”が非常に印象に残る。2017/08/17

アマニョッキ

59
最近お知り合いになったブックバーの店主さんおすすめ本。やだもうなにこれどえらいんですけど。横光利一さんが「新感覚派」として新進気鋭だったことぐらいしか知らないわたしは、本当に度肝抜かれました。これは当時むちゃくちゃロックやったろうなー。対をなすような「春は馬車に乗って」と「花園の思想」。「機械」はどんなミステリーよりもゾクゾクするし、卑弥呼を描いた「日輪」は無駄を省きつつ繰り返しの会話が心地よくヤマトの国々が目前に拡がるよう。でもわたしは「ナポレオンと田虫」がタイトルも含め一番のお気に入り。読むべし!2019/07/28

かんらんしゃ🎡

52
怖いなあ。感想文が書けない。文学史に残る名作には良いレビューが多く研究文献も多い。ヘタを打つと私の読解力の無さと知識の貧弱を露呈する羽目になる。と言って既読スルーはしのびなく、こうして読メに爪痕だけを残しておく。2018/09/29

こばまり

49
【再読】二十歳やそこいらで読んだ時には分からなかったが、横光利一は天才だ。戦争がなければその才能はさらに大きく花開いたのだろうか、いや、あの時代だからこそ、眩しいまでの光をひととき放ったのか。カメラアイにシビレました。2015/11/28

ω

47
川端康成と共に新感覚派として活動、志賀直哉と共に小説の神様と呼ばれていたなど、めっちゃ気になってた作家初読。この十篇の中でも作風はバラバラ。個人的好みは「春は馬車に乗って」病気で死にかけの奥さんとの話なんだけど、これは最高にジィ〜ン。も一つの「日輪」は卑弥呼×恋愛小説。うむ〜。。2021/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/532464

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。