岩波文庫
蜜蜂/余生

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 219p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003105177
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「四十年間,あなたは蜜蜂のように,家のため働きづめに働いて死んでいった」――半痴半狂の長兄を家長とし,紛糾のたえなかった中家を一身に背負って“家”の犠牲となった兄嫁.孤独でやさしかった兄嫁の晩年をしのぶ随筆「蜜蜂」は,悲しく美しい詩にみちている.姉妹篇「余生」と併せ一書とした. (解説 生島遼一)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

96
きめ細かな美しい文章が、心に響く随筆。想像を絶するような苦しい人生を生きた兄嫁への鎮魂の書だと思う。兄嫁への想いがあふれ出す箇所は、まるで恋文のようだった。中勘助は本当にデリケートな心を持っていたのだろう。そのような繊細な人は生きにくいこともあったに違いない。それを理解してくれる人が、兄嫁だったのかもしれない。二人の関係は魂の伴侶と言う言葉がふさわしい。恋愛とは別の心と心が深くつながっている、このような男女の関係があっても良いと思う。2017/08/26

こばまり

67
読んでるこちらがぽーっとなる程の恋文なのである。嫂への。捨石にまでなって護らなければならない家族とは一体何であろう。また、病み疲れた兄金一の胸中や如何に。美しく可憐な文体ながら、何やら不穏な気持ちになる作品だ。2019/01/09

mm

29
長い間「家」の犠牲となって、ミツバチのように働き続け、病を得てもやはり「家」のために出来ることに全力以上を尽くした嫂。その姿を愛を込めて、感謝を込めて、自責の念を込めて、嫂の存在を確かなものとして留めるために、力を振り絞って書いた日記作品。嫂の死後、彼女に語りかけながら生活し、彼女の残した品物から、過去をフラッシュバックさせる時の品物の細やかさと、記憶の勢いがアニメ化したらかっこよくきまりそうな感じ。。「余生」は「蜜蜂」の本を送ってもらった人のお礼状が続いて、それが蜜蜂の内容を補強してる。2020/06/06

ワッピー

25
20年ぶりぐらいの再読。最近、ようやく中勘助をめぐる人間関係がわかってきて、再読すると新たな発見が多い。家族を支えるために粉骨砕身する勘助にのしかかる家族の重み。要介護状態の兄金一を世話していた嫂の妙子が倒れて後はその世話もかかってくる。この極限状況下で、長年家族の犠牲となってきた共闘者としてのみにとどまらず、妙子への深い愛情を吐露している「蜜蜂」、そして「蜜蜂」を贈呈した知人たちからの書簡を妙子に捧げる「余生」を収録。「犬」からさかのぼってきたものの、まだ理解が及ばない。次は「中勘助随筆集」に進みます。2019/06/05

shinano

14
なんという哀憐の世界だろうか。随筆だが日記風であり故人義姉との対話の場でもある。心痛く悲しく読み進んでいってしまう。義姉への感謝と憐憫が堰を切って綴られ、血の繋がる身内への怒り、自分の不甲斐なさへの後悔が涙文字となっている様だ。四十年も奉公人の扱いだった義姉が亡くなり、目にする家財道具・庭土草木、義姉の遺品などを薄幸な俤と伴に細かく綴れるということは、それだけ勘助が物を義姉への心で見ていた証しであろう。病いで自由が利かなくなり労働苦から解放され、死でもって心痛から解放されたひと。とても良い作品である。2010/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/108792

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。