岩波文庫<br> 別れた妻に送る手紙 - 他二篇

岩波文庫
別れた妻に送る手紙 - 他二篇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 232p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784003102923
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

妻に去られた男の淋しさを綿々と訴えた手紙形式の小説.去っていった女に対する執着と,その遣る方ない淋しさから待合で馴染みになった芸者とのいきさつをこまごまと書き綴った,秋江(1876‐1944)の代表作.同時所収のその連作「疑惑」とともに,これほど深刻に,赤裸々に男の執着を描いた作品はない.解説=宇野浩二

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

阿呆った(旧・ことうら)

11
妻に失踪されたり、商売女に入れあげては裏切られたり、という痴愚な男性を描くのが上手い作家さんです。それにしても情けない。2015/11/29

Kouro-hou

3
情痴文学の代表作。別れて逃げた妻を探しつつ、手を出した女郎にはウザがられてる妻連作の表題作と「疑惑」の2つと遊女モノの「青草」を収録。「疑惑」は妻が2年前に日光に行った事を知って宿帳の記録を探しまくる。今では絶対に許可されないw 回想では夜中に妻の家の雨戸をこじ開けて侵入しようとして物音を立てて逃げたりも。犯罪者だよ! しかもこれ作者の私小説だったりする。「青草」も私小説的ではあるが主人公の設定が美化されているのでまだ普通に読める。が、最後のあまりに爽やかな小便描写に漱石や芥川も唸っていたという…。2013/04/28

eazy

0
寝取られ男ストーカー情痴小説。おもしろい!2003/09/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/457781

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。