岩波文庫<br> 謀叛論 他六篇・日記

個数:

岩波文庫
謀叛論 他六篇・日記

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月29日 10時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 130p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003101575
  • NDC分類 210.68
  • Cコード C0195

出版社内容情報

明治四四年一月,大逆事件被告幸徳秋水ら十二名が処刑された.その一週間後,蘆花は招かれて一高の演壇にたち,死刑に処した政府当局を弾劾,精神の「自立自信,自化自発」を高らかに鼓吹する.その講演のほかに,これと密接に関連する「死刑廃すべし」等六篇,また兄蘇峰との確執が窺われる日記を併収. (解説 中野好夫)

内容説明

大逆事件被告の大量処刑の八日後に、抗議の声を上げた蘆花。死刑廃止の信念を説く関連諸篇と、大正三年五・六月の日記抄を付す。

目次

天皇陛下に願ひ奉る
謀叛論(草稿)
眼を開け(要旨速記)
勝利の悲哀
死刑廃すべし
難波大助の処分について
死刑廃止
日記 大正三年五月―六月

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

S.Mori

13
大逆事件で幸徳秋水らを処刑した当時の政府が徳富健次郎によって徹底的に批判されます。その激烈な批判には、ヒューマニストとして生きたこの作家の精神が脈打っています。徳富健次郎がもし現在に生きていたら、安倍政権を鋭く批判したかもしれません。そして自分への批判を受け流せない小心な安倍首相は激怒するでしょう。徳富健次郎のこの「謀反論」が当時の社会に受け入れらて、多くの人に影響を与えたことは、明治の人達の度量の大きさを示している気がします。2019/09/29

gtn

8
仇討ちさえも心情的に認容されていた時代に、死刑廃止を叫ぶ。皇太子裕仁を暗殺しようとした難波大助については「馬鹿者は麦飯を食わせ、肉的労働に服さすに限る」と情緒に訴えて、死刑回避を図る。著者の生命尊重の思いは本気である。身辺の危険を顧みていない。2019/01/02

Hidetaka Ohtsubo

3
この一書を端から端まで読んで、例えば「新しいものは常に謀叛である」とかの惹句しか目に入らぬものがいるとしたら、それは馬鹿だ。重罪人の減刑を嘆願し、死刑廃止を説く、それと同じ人格が、一方では母と兄を殺したいほど憎悪し、吾儘から父を見殺しにし、良心の呵責に耐えかねた挙げ句、些細なことから妻に対して激昂し「死ね」と口走るのだ。蘆花を否定したいのではない。ただ、ここに人間という複雑なあるものを見、振り替えって我が身を考える。この本はそのためにあると言いたい。2015/08/26

プリン

2
書店で見かけて即購入。「謀叛論」の全文を読んで、改めて感銘を受けました。しかし、「新しいものは常に謀叛である」とのアジ演説を直に聞いた人々は、その後いかに生きたのかという疑問も生まれました。2010/08/23

鯉二郎

1
幸徳秋水ら12名が大逆罪で死刑になった一週間後、健次郎は講演で政府を厳しく批判。健次郎と幸徳は思想的に共鳴しあう仲ではないが、死刑だけはいかんと熱く述べる。上の指示に従うだけの官僚に謀叛を恐れるなとも説く。他、「死刑廃すべし」では、死刑を法律の文面からなくせと述べ、「難波大助の処分について」では、摂政暗殺未遂犯の難波を厳しく批判しつつも、やはり死刑はいかんと主張する。彼の思想には一貫して暴力を徹底的に廃し、生きることへの渇望を感じる。彼の死後、まだ死刑制度のある日本を、蘆花は何と言って嘆くだろうか。2019/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/636727

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。