岩波文庫<br> 病牀六尺 (改版)

個数:
電子版価格 ¥594
  • 電書あり

岩波文庫
病牀六尺 (改版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月26日 00時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 193p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003101322
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

『墨汁一滴』に続き,新聞『日本』に連載(明三五・五・五―九・一七)し,死の二日前まで書き続けた随筆集.不治の病についた「病牀六尺」の世界で,果物や草花の写生を楽しむ一方,シッポク談義,子供の教育論と話題は多岐にわたるが,旺盛な好奇心が尽きることのない子規の姿には全く目をみはらされる. (解説 上田三四二)

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

壮の字

60
『病床六尺』まずタイトルにシビれる。子規が考えたのだらうか。「それでも生きて居ればいひたい事はいひたいもので...」死の直前まで“いひたい放題”書きつづける意識は、痛みとの闘いによって保たれている。ここまでクリアな意識のままで当り散らして生き続けられたら、寄り添うお八重(母)も、律(妹)もさぞ辛かったろうな。もし現代のような高度な緩和ケアが可能あれば、穏やかに、人を謗ることもなく逝ったのだろうか。でもそれじゃ子規じゃないな。『病床六尺』と『坂の上の雲・3「十七夜」』を読了。ダブルで子規を看取る。2016/06/09

はちてん

40
再読。自分の病気以前と以後、読み応えが違うかしらと気軽に手に取った。読むんじゃなかった、辛い辛い、胃が締め付けられる。読書とは壁か距離か非現実か、なにか緩衝材がないと出来ないものかもしれない。物語に入り込んだり登場人物に感情移入したりって楽しいことだけれど。子規は好きです。2016/01/04

lily

37
病牀六尺から見る世界なれど頭脳で描く世界は広く縦横無尽な旅人であった。過食で医学の知識は薄いのが惜しいが。本気で生きるとはこういうことか。無学な女は話が続かなくて病人に辛いから教育させて常識を養うべきと訴えるあたりは同意して笑った。2019/06/20

まめ@暫くイン率落ちます

33
死の二日前まで書き続けた病牀六尺。日を追うごとに文章は短くなり煩悶していたのが分かる。モルヒネを使いながら花を写生する日々。p141「とかくこんなことして草花帖が段々に画き塞がれて行くのがうれしい。」当たり前にできていたことが出来なくなる中で、正岡子規は何を感じ写生していたのだろう。ただただ写生したかったからだろうか、否、花の生に感じるものがあったからじゃないだろうか、苦痛を紛らわし無心でいることができるからだろうか、などと考えつつ読了。2018/09/24

かんやん

32
学生の時、フランスから短期で赴任されたコラ先生の特別講義を受講した。確か漢文や和歌の研究をされていて、講義では正岡子規の随筆の魅力について話されたと記憶している(曖昧)。仏人が日本古典を研究し、日本人の自分は仏語でアンリ・ミショーを読んでみたり。あれから、ン十年が虚しく流れ、子規の享年もとっくに越えて、今、初めて読む。死の直前まで寝たきりの状態で綴られた随想だけれども、ハッキリ言って、とりとめもない。とりとめもないことを人は日々思い、書き留め、そして死んでゆくのだと思った。根気は、既に失われている。2021/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/527778

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。